続・カバルの崩壊 Part 2 - 戦争のイデオロギー

THE SEQUEL TO THE FALL OF THE CABAL - PART 2 - The Ideology of War

BIT CHUTE THE SEQUEL TO THE FALL OF THE CABAL - PART 2, 2020/10/25から。

ハイライト:

  • 彼らのエリート計画の壮大さ、悪意の大きさを理解するためには、まずここで誰を相手にしているのかを確認する必要がある。

  • つまり、偽装や改心をして、復讐と破壊だけを目的として、社会、商業、医療、宗教、法律などあらゆる面に浸透させるように教えられたのだ。

THE SEQUEL TO THE FALL OF THE CABAL - PART 2 - The Ideology of War

In the previous part, we saw the ancient origins of the Cabal. We went from Sumer to Babylonia, to Canaan and Khazaria. Then onward to Europe, from the Knights Templar to the Jesuit Council.

In this 2nd part, our two story lines meet at a crucialmoment in history. Whereas the wrath of the Cabal had been unstructered until this moment, it was now cast in abrilliant, Fully structured plan. Evil, but brilliant nevertheless. It was the Plan to subjucate the world and all of humanity…

前編では、カバルの古代の起源を見てきました。シュメール、バビロニア、カナン、カザリアと続きます。そして、テンプル騎士団からイエズス会まで、ヨーロッパへと続いていきます。

この第2編では、2つのストーリーが歴史上の重要な局面で出会います。カバルの怒りはこの瞬間まで構造化されていませんでしたが、今では完全に構造化された見事な計画に投じられています。邪悪ではあるが、それにしても明晰。それは、世界と全人類を服従させる計画でした…。



You might ask yourself why the Orders we showed in Part 1 are so important for our Fall of the Cabal. 第1回で紹介した教団が、なぜ「カバル崩壊」にとって重要なのかと疑問に思うかもしれない。
Well, you know the expression KNOW THY ENEMY. では、KNOW THY ENEMYという表現をご存知だろうか。
In order to understand the magnificence of their elite plan and the magnitude of their evil intent, we must first identify whom we are dealing with here. 彼らのエリート計画の壮大さ、悪意の大きさを理解するためには、まずここで誰を相手にしているのかを確認する必要がある。
There is so much misinformation going around not only on the Internet, but also in our history books that, by the way, were never written by neutral observers, but always by the winners. インターネット上だけでなく、歴史書にも誤った情報が氾濫している。歴史書とは決して中立的な立場の人が書いたものではなく、常に勝者が書いたものなのだ。
If you don't understand where the Cabal comes from, how far back they go in history, if you don't know how we were led to believe that all of these Orders are movements with separate entities that came and went in history independently and rather harmlessly, then you will most certainly not understand nor believe the true identity of the Cabal. カバルがどこから来たのか。どのくらいの歴史を遡るのか。私たちがいかに教団について「歴史上それぞれ独立しており、無害に行き来していたもの」と信じ込まされてきたか。これらのことを理解していなければ、カバルの本当の姿を理解することも信じることもできないだろう。
You will miss the fact that we find ourselves at the final stage of their master plan. 彼らのマスタープランの最終段階に自分たちがいるという事実を見逃してしまうだろう。
And if you don't fully comprehend in which danger we find ourselves, you will not know what to do at the MoMA Supremu. そして、私たちがどのような危険にさらされているのかを十分に理解していなければ、MoMA Supremu[?]で何をすればよいか、わからないだろう。
That is why we make this documentary. だからこそ、私たちはこのドキュメンタリーを作ったのだ。
So you can wake up, see through all the lies, and take action to claim your sovereignty back. あなたは目を覚まし、すべての嘘を見破り、主権を取り戻すために行動を起こすことができるだろう。
That's when you'll understand what we said in the previous series, history books will have to be rewritten. その時、前シリーズで言った、歴史の教科書を書き換えなければならないということが理解できるだろう。
Okay, let's see where and when our two story lines meet, shall we? It was in 1748 in Southern Germany, Bavaria, in a small town called Ingolstadt, a boy was born. His name was Johann Adam Weishaupt. さて、2つのストーリーがいつどこで出会うのか、見てみよう。1748年、南ドイツのバイエルン州インゴルシュタットという小さな町に 一人の少年が生まれた。名前はヨハン・アダム・ヴァイスハウプト。
At the age of five, his father died. 5歳の時に父親が亡くなった。
The Jesuits took him under their wings and groomed Adam, who turned out to be a highly intelligent and strong minded individual, to become a Professor in Canon Law at the Jesuit University of Ingolstadt. イエズス会はアダムを引き取り、非常に知的で強い心を持った少年をイエズス会インゴルシュタット大学のキヤノン法の教授に育て上げた。
He rewrote ancient historical documents in which the ideology of Lucifer would eventually lead to the complete control of the world. 彼は、ルシファーのイデオロギーが最終的に世界を完全に支配することになるという古代の歴史文書を書き換えた。
In 1773, the secret meeting took place between Mayer Amschel Rothsctuld and a select group of 12 elite Kazarian bankers and businessmen. 1773年、メイヤー・アムシェル・ロスチャイルドと、カザリアのエリート銀行家やビジネスマンなど12人の選ばれたグループとの間で秘密の会合が行われた。
Remember Rothsctuld keep layer in our first story line, the excessively wealthy and powerful Ashkenazi Khazarian banker from Frankfurt? Well, Rothsctuld proposed to join forces and riches with the purpose of world dominance. 最初のストーリーで登場した、フランクフルトのアシュケナージ派カザリア人で大金持ちの大銀行家、ロスチャイルドを覚えているだろうか? ロスチャイルドは、世界征服のために力と富を合わせようと提案した。
He upset his eye on Adam Weishaupt who would be perfect to implement their plans in practice and run their organization. 彼は、アダム・ヴァイスハウプトに注目していた。ヴァイスハウプトは、彼らの計画を実践し、組織を運営するのにふさわしい人物である。
And so, on May 1st, 1776, Adam Weishaupt founded the Bund der Perfectibilisten, the Order of the Perfectionist. そして1776年5月1日、アダム・ヴァイスハウプトは「BUND der PERFIBILISTEN」(完璧主義者の会)を設立した。
Later to be called the Order of the Illuminati. 後にイルミナティ教団と呼ばれるようになる。
It was the fusion of the financial empire of the Rothsctuld and the wealth and power of the military Order of the Jesuits. それは、ロスチャイルドの金融帝国と、イエズス会の軍事騎士団の富と権力の融合であった。
Their goal? The creation of a world government and world dominance. 彼らの目的は? 世界政府を作り、世界を支配することである。
Although Weishaupt's name is commonly known among those who study this material, not many people are aware of the fact that he based his Order of the Illuminati on ancient documents. ヴァイスハウプトの名前は研究者の間ではよく知られているが、彼がイルミナティの教団を古文書に基づいて作ったという事実はあまり知られていない。
One of which was a letter that was given to him by Rothsctuld. 古文書の一つが、ロスチャイルドから渡された手紙だった。
This letter, referred to as the Constantinople Letter, was old and of extreme value to the Ashkenazi. この手紙は「コンスタンティノープル書簡」と呼ばれ、アシュケナージにとっては古くて非常に価値のあるものだった。
It was 287 years old, written in 1489 by the Nasi, the chairman of the Jewish High Council in Constantinople, as a response to an outcry for help by the head of the Ashkenazi Jews in France. 1489年にコンスタンティノープルのユダ人最高評議会の議長であるナシが、フランスのアシュケナージ・ユダ人のトップが助けを求める声に応えて書いたもので、当時から見て287年前のものだった。
Remember the Khazarian who had fled Russia and who had changed their name to Ashkenazi Jews? They now felt threatened by the other ethnic groups in France. ロシアから逃れてきたカザール人が、アシュケナージ・ユダ人に名前を変えたことを覚えているだろうか? 彼らは、フランスの他の民族に脅威を感じていた。
The King had even told them they had to convert to Christianity. 国王は、彼らにキリスト教に改宗するようにとまで言っていた。
The reply of the Nasi in the Constantinople letter were as follows. 手紙に書かれていたコンスタンティノープルのナシの返事は次のようなものだった。
As for what you say that the King of France obliges you to become Christians: do it, since you cannot do otherwise, but let the law of Moses be kept in your hearts. フランス国王があなた方にキリスト教徒になることを義務づけているという話については、他に方法がないのだからそうしなさい。しかし、モーセの律法はあなた方の心の中にとどめておきなさい。
As for what you say about the demand to despoil you of your goods: make your sons merchants, that little by little they may despoil the Christians of theirs. あなたが言う、自分の財物を奪う要求については、あなたの息子を商人にして、少しずつキリスト教徒の財物を奪うようにしなさい。
As for what you say about their making attempts on your lives, make your sons doctors and apothecaries that they make take away Christian lives. 彼らがあなたの命を狙っているという話については、あなたの息子たちを医者や薬屋にして、キリスト教徒の命を奪うようにしなさい。
As for what you say about their destroying your synagogues, make your sons canons and clerics in order that they may destroy their churches. 彼らがあなたの会堂を破壊していることについては、あなたの息子たちが彼らの教会を破壊できるように、息子たちを公爵や聖職者にしなさい。
As for the many other vexations you complain of: arrange that your sons become advocates and lawyers, and see that they always mix themselves up with the affairs of State, in order that by putting Christians under your yoke you may dominate the world and be avenged on them. あなたが訴えている他の多くの煩わしさについては、あなたの息子たちが弁護人や弁護士になるように手配し、彼らが常に国の問題に巻き込まれるようにして、キリスト教徒をあなたの支配下に置くことによって、あなたが世界を支配し、彼らに復讐することができるようにするのです。
Do not swerve from this order we give you, for you will find by experience that, humiliated as you are now, you will reach the actuality of power. 我々が与えたこの命令から逸脱してはならない。あなた方は今は屈辱的であっても、実際に力を得ることができることを経験によって知るだろう。
In other words, they were told to fake and make believe conversion and to infiltrate every aspect of society, commerce, medicine, religion, and legislation with the sole purpose of revenge and destruction. つまり、偽装や改心をして、復讐と破壊だけを目的として、社会、商業、医療、宗教、法律などあらゆる面に浸透させるように教えられたのだ。
How Khazarian... カザール人…。
Adam Weishaupt founded the Order of the Illuminati in 1776, financed by Rothsctuld based on this letter that, by the way, was based on an even older document, more about which in part 4. アダム・ヴァイスハウプトは1776年に、ロスチャイルドから資金援助を受けてイルミナティ教団を設立した。ところでこの手紙はさらに古い文書に基づいていた。詳しくは第4回で紹介しよう。
1 year later, in 1777, Weishaupt joined the Grand Orient Masonic Lodge, he made over 2,000 Jesuits, head of the many Lodges across the world, thus establishing a massive Empire of power in which the Jesuit Order was the Spider in the web. その1年後の1777年、ヴァイスハウプトはオリエント・メーソンの大ロッジに参加して、2,000人以上のイエズス会士を世界各地のロッジの責任者にした。そして、イエズス会を蜘蛛の巣のように張り巡らせ、巨大権力の帝国を築いたのだった。
Weishaupt then officially left the Jesuit Order so that no suspicion would ever be drawn to the involvement of the Roman Catholic Church and a Jesuit Council in the illustrious plans of the Illuminati. その後、ヴァイスハウプトはイエズス会を正式に脱会した。イルミナティの輝かしい計画に、ローマ・カトリック教会とイエズス会評議会が関与していることを疑われないようにするためだった。
The Rothsctuld used their riches to finance wars, as they had found out that by financing both sides of each and every war, they would always win financially. ロスチャイルド家は、その富を戦争の資金に充てた。彼らは、戦争のたびに双方に資金を提供すれば、必ず経済的に勝利することを知っていたのだ。
They knew no scruples, no mercy. 彼らには良心の呵責も慈悲もない。
The alliance of the Luciferian Khazars and the Jesuit Order had only just begun. ルシファーのカザール人とイエズス会の提携は、まだ始まったばかりだった。
The goals, personal gain, wealth and power. 目標とは、個人的な利益、富と権力。
The submission of the Royal families. 王族の降伏。
The annihilation of the infidels, protestants, calvinists, atheists, muslims, jews. 異教徒、プロテスタント、カルビン主義者、無神論者、イスラム教徒、ユダヤ教徒の殲滅。
In other words, the destruction of all religions except the Roman Catholic faith, the destruction of all governments, world dominance of the Pope, and revenge. つまり、ローマ・カトリック以外のすべての宗教の破壊、すべての政府の破壊、ローマ法王による世界支配、そして復讐。
Revenge on each and everyone who had ever betrayed them. 自分たちを裏切った者への復讐。
Revenge on Russia, first and foremost, the country that had expel the Khazars. カザール人を追放したロシアへの復讐が第一である。
But not only that. Remember the vengeance of the Jesuits on the Pope who had betrayed them? Well, they weren't done just yet for the European Kings of France, Spain, England, Austria, and so on, who had banned the Jesuit Order were about to have a taste of their wrath. しかし、それだけではない。イエズス会が自分たちを裏切ったローマ教皇に復讐したことを覚えているだろうか? イエズス会を禁止したフランス、スペイン、イギリス、オーストリアなどのヨーロッパの王たちは、彼らの怒りを経験することになる。
The first pawn the Illuminati Alliance bit forward was Napoleon Bonaparte. イルミナティ同盟が最初に繰り出した駒は、ナポレオン・ボナパルトだった。
The fact that the French Revolution was indeed orchestrated by elite secret societies was documented and proven by the French Jesuit Augustin Barruel. フランス革命が実際にエリート秘密結社によって仕組まれたものであることは、フランスのイエズス会士オーギュスタン・バルエルによって文書化され、証明された。
He rode an influential account in which he focused in particular on Adam Weishaupt, founder of the Order of the Illuminati. 彼は、特にイルミナティ教団の創設者であるアダム・ヴァイスハウプトに焦点を当てた、影響力のある記録を残した。
According to Barruel, the French Revolution was orchestrated by Freemasons and philosophers like Voltaire and Montesquieu. バルエルによれば、フランス革命はフリーメイソンとヴォルテールやモンテスキューといった哲学者たちによって仕組まれたものだという。
We'll get back to Barruel in a later stage. So remember his name. バルエルについては後の段階で紹介しよう。彼の名前を覚えておこう。
Napoleon's adviser was a Jesuit Emmanuel Sieyes. ナポレオンの顧問はイエズス会のエマニュエル・シエイスだった。
He advised Napoleon where to go and what to do. 彼はナポレオンに、どこに行けばいいか、何をすればいいかをアドバイスしていた。
In today's language, we would call Sieyes his handler. 今の言葉で言えば、シエイスはナポレオンのハンドラーと言えるだろう。
According to many historians and researchers, the Jesuits were the ones who orchestrated and directed the French Revolution and the outcome. 多くの歴史家や研究者によると、フランス革命とその結果を指揮したのはイエズス会であった。
Napoleon was a Masonic Grand Master. ナポレオンはメイソンのグランド・マスターだった。
He was chosen and initiated by the Order to play a key role in their planned revolution. 彼は、教団が計画した革命で重要な役割を果たすために選ばれ、入会したのだ。
Napoleon's brother, Louis Bonaparte, was made Grand Master of the Grand Orient of France. ナポレオンの弟、ルイ・ボナパルトがフランスのグラン・オリエントのグランド・マスターに就任。
His wife, Josephine, was a member of the Mason Rite of Adoption. 妻のジョセフィーヌは、メイソンの「養子の儀式」のメンバーだった。
Under Napoleon's rule, the number of Lodges in France grew from 300 to 1,220. ナポレオンの支配下で、フランスのロッジの数は300から1,220に増えた。
Napoleon was a puppet of the Cabal. ナポレオンはカバルの傀儡だった。
We were led to believe he was the frontman, but he was not. 彼が表看板だと思わされていたが、そうではなかった。
The hidden hand that some historians believe was to cover an ulcer seriously was actually a common Masonic gesture called the Sign of the Master of the Second Veil. ナポレオンの手を隠すポーズは、潰瘍を隠すためだと考える歴史家もいるが、実際には「セカンドベールのマスターのサイン」と呼ばれるメイソン流の一般的なジェスチャーであった。
Many world leaders have shown this sign throughout the ages. 多くの世界のリーダーが、時代を超えてこのサインを示してきた。
The French Revolution started in 1789 and lasted for 10 long and bloody years of absolute terror. 1789年に始まったフランス革命は、絶対的な恐怖の中で10年という長く血塗られた年月が過ぎた。
It was the master plan of the Jesuit Council to take revenge on France, to destabilize the country through war and to destroy the French Crown. それは、フランスに復讐し、戦争によってフランスを不安定にし、フランス王室を崩壊させるというイエズス会評議会のマスタープランであった。
Their tool, the Jacobins, an extremist political movement founded by none other than Napoleon's adviser, the Jesuit Sieyes. その手段は、ナポレオンの顧問でイエズス会のシエイスが創設した、過激な政治運動「ジャコバン派」だった。
The Jacobins caused may across France rioting, plundering, murdering everyone who stood in their way. ジャコバン派は、フランス全土で暴動、略奪、殺人を繰り返した。
They left behind a trail of death and destruction wherever they went. 彼らは行く先々で死と破壊の痕跡を残した。
The Jesuit plan worked. The guillotines worked overtime. イエズス会の計画は成功した。ギロチンは常に稼働していた。
The Jesuit Order is the most dangerous of all Orders. イエズス会はすべての教団の中で最も危険な教団である。
It has caused more harm than all other Orders. それは他のすべての教団よりも多くの損害をもたらした。
The doctrine of the Jesuits entails that their Supreme General is the sovereign of sovereigns and master of the world. イエズス会の教義は、彼らの最高司令官が主権者の中の主権者であり、世界の支配者であることを意味している。
After the French Revolution had ended, the Napoleonic War started. フランス革命が終わった後、ナポレオン戦争が始まった。
They caused even more instability and destruction, not only to France but to the many countries Napoleon invaded. その結果、フランスだけでなく、ナポレオンが侵略した多くの国々に、さらなる不安定と破壊がもたらされた。
Austria, Russia, England, Prussia, Portugal and Spain, where the Royal family was skipped out and Napoleon's older brother was put on the throne. オーストリア、ロシア、イギリス、プロイセン、ポルトガル。スペインでは王室が逃亡しナポレオンの兄が王位に就いた。
Each and every country that at once banned the Jesuit Order and the Kazarian Ashkenazi Jews was now in ruins. かつてイエズス会やカザリア・アシュケナージ・ユダ人を禁止した各国が、今では廃墟と化していた。
This was one of the Order's most dominant passions, revenge. これが教団の最も支配的な情熱の一つである「復讐」である。
During the Napoleonic Wars, the Illuminati Alliance deployed their most successful strategy. ナポレオン戦争で、イルミナティ同盟は最も成功した戦略を展開した。
They financed both the French and the English Army. 彼らは、フランス軍とイギリス軍の両方に資金を提供した。
It simply didn't matter who won. War was an absolute revenue model. どちらが勝ってもよかった。戦争とは絶対的な収益モデルだった。
It was the Duke of Wellington who fought Napoleon and who defeated him at the Battle of Waterloo in 1815. ナポレオンと戦い、1815年のワーテルローの戦いでナポレオンを破ったのはウェリントン公爵である。
Nathan Rothschild, a brilliant and ruthless businessman, had the spies at Waterloo, and he had a private courier system as he knew that fast communication was vital in business. 優秀で冷酷なビジネスマンであるネイサン・ロスチャイルドは、ワーテルローにスパイを配置した。ビジネスには迅速なコミュニケーションが不可欠であることを知っていたので、個人的にクーリエ・システムを導入していた。
When it was clear that Napoleon had been defeated, the message was immediately sent to Rothschild, who received the news two days prior to anyone else. ナポレオンが敗れたことが明らかになると、そのメッセージはすぐにロスチャイルドに送られ、ロスチャイルドは誰よりも2日早くそのニュースを受け取った。
He then made a brilliant move at the London Stock Exchange. その後、ロンドン証券取引所で見事な動きを見せた。
Instead of buying English bonds the Gilts he sold those he had. イギリスの国債(ギルツ)を買う代わりに、持っていた国債を売った。
The other traders noticed and drew the erroneous conclusion that Napoleon must have won the war. これに気づいた他の商人たちは、「ナポレオンが戦に勝ったに違いない」という誤った結論を導き出した。
They immediately sold their bonds as well, causing the Gilts price to drop dramatically. 彼らはすぐに債券を売り、ギルツの価格は大幅に下落した。
That was the moment Rothschild made his move. その瞬間ロスチャイルドが動き出した。
He bought all the Gilts ticket lay his hands on at a very low price. 彼はチケットで手に入れたすべてのギルツを、非常に低い価格で購入した。
By the time the others had noticed frantically started buying again. 他の人はそれに気づき、必死になって買い直した。
Nathan Rothschild was excessively rich. ネイサン・ロスチャイルドは過剰なまでの金持ちだった。
The King of England, George III, was now heavily indebted to Nathan Rothschild, who had financed his wars. イギリス国王ジョージ3世は、戦争の資金を提供したネイサン・ロスチャイルドに多額の借金をしていた。
Not only had the King to pay back his debts, he had to pay interest on top of it. 国王は借金を返すだけでなく、その上に利子を払わなければならなかった。
He was now in the pocket of the Rothschild. 彼は今、ロスチャイルドの懐に入っている。
I care not what puppet is placed on the throne of England to rule the Empire. イギリスの玉座にどんな傀儡を置いて帝国を支配しようと、私は気にしない。
The man who controls Britain's money supply controls the British Empire, and I control the money supply. イギリスのマネーサプライを支配する者が大英帝国を支配し、私がマネーサプライを支配する。
Next, 1914, the Illuminati Alliance that we shall refer to as the Cabal from now on simply because it's short and to the point, caused World War I. 次に、1914年。イルミナティ同盟は(今後はカバルと呼ぶことにします。短くて要点を押さえているので)第一次世界大戦を引き起こした。
A war initially solely between Austro Hungary, a dual Empire of Austria and Hungary on the one side and Servia on the other. オーストリアとハンガリーの二重帝国であるオーストリア=ハンガリーと、セルビアとの間で当初は単独で行われた戦争だ。
What happened? The ruler of Austro Hungary, Emperor Franz Joseph I, had no successor to the throne as his only son had committed suicide. 何が起こったのか? オーストリア=ハンガリーの支配者である皇帝フランツ・ヨーゼフ1世は、一人息子が自殺したため、王位を継ぐ者がいなかった。
His nephew Franz Ferdinand became at to the throne. 甥のフランツ・フェルディナンドが王位についた。
But his ideas about politics were very different from his uncle. しかし、政治に対する考え方は、叔父とは大きく異なっていた。
Franz Ferdinand wanted to decentralize. フランツ・フェルディナンドは地方分権を望んでいた。
He wanted autonomy for the various ethnic groups. 彼は各民族の自治を望んでいたのだ。
He wanted to incorporate Servia into the dual Empire as a political entity equal to Hungary and Austria. 彼は、セルビアをハンガリーやオーストリアと同等の政治単位として二重帝国に組み入れようとしていた。
He was soon in the eye of his uncle, the Emperor. 彼はすぐに叔父である皇帝の目に留まった。
Although raised in the Jesuit image of his father and uncle, he had a mind of his own. 父と叔父のイエズス会のイメージで育てられたが、フランツ・フェルディナンドは自分の考えを持っていた。
He refused to adopt his uncle's political vision, and he married the woman he loved, which was so not done within the elite. 彼は叔父の政治的ビジョンを採用することを拒否し、愛する女性と結婚したが、これはエリートの間ではとてもできないことだった。
At the time of extreme internal unrest, the Emperor sent his nephew to the border with Servia, where he and his wife, Sophie, were murdered. 内政不安が極度に高まっていた当時、皇帝は甥をセルビアとの国境に派遣し、甥とその妻ソフィーは殺害された。
According to the official narrative, it was the Servian Gavrilo Princip who pulled the trigger. 公式見解では、引き金を引いたのはセルビア人のガヴリロ・プリンチプだった。
And so Austro Hungary declared war on Servia. そして、オーストリア=ハンガリーはセルビアに宣戦布告した。
Germany joined forces with Austro Hungary. ドイツはオーストリア=ハンガリーと手を組んだ。
England, France, Russia, and later Italy, Romania, Bulgaria, and former Turkey The Ottoman Empire came to the aid of Servia. イギリス、フランス、ロシア、そして後にはイタリア、ルーマニア、ブルガリアが参戦。旧トルコのオスマン帝国はセルビアを援助した。
We all know the results. その結果はみんな知っている。
For horror years in trenches, 9,000,000 killed. 恐怖の塹壕生活、900万人の犠牲者。
Germany was in ruins. ドイツは廃墟と化していた。
And that was precisely what the Jesuits had aimed for as Germany was mostly Protestant. ドイツはほとんどがプロテスタントだったので、イエズス会はまさにそれを狙っていたのだ。
You may remember what it said in the Jesuits about Protestants. イエズス会がプロテスタントについて書いたものを覚えているだろうか。
They will do absolutely anything to destroy their horrible race forever. 彼らは、自分たちが最悪とみなした人種に対して、それを永遠に破壊するためには、絶対的に何でもする。
Some historians may question or even deny the Jesuit background of the rulers of Austro Hungary, which is odd, as they were prominent members of several Jesuit suborders such as the Supreme Order of Christ. 歴史家の中には、オーストリア=ハンガリーの支配者たちのイエズス会の経歴を疑問視したり、否定したりする人もいるかもしれないが、それは奇妙なことだ。彼らはキリスト最高位騎士団など、イエズス会のいくつかの下部組織の著名なメンバーであったからだ。
Emperor Franz Joseph was so high up in the Jesuit Council that he was authorized to grant titles such as Prince and Grand Master. フランツ・ヨーゼフ皇帝は、イエズス会評議会の中でも特に高い地位にあり、プリンスやグランドマスターといった称号を与える権限を持っていた。
In 1880, for instance, he granted this title of Friends of the Holy Roman Empire to the Grand Masters of the Order of Malta. 例えば、1880年にはマルタ騎士団のグランドマスターに「神聖ローマ帝国の友」という称号を与えた。
He even founded his own Order, the Imperial Austrian Order of Franz Joseph. 「フランツ・ヨーゼフの帝国オーストリア教団」という独自の教団を創設したこともある。
I promised to go deeper into these Orders, plus the evidence of their Jesuit connection in a later episode. これらの教団と、イエズス会との関係を示す証拠については、後の回でさらに深く掘り下げることを約束した。
For now, we'll leave it here as we don't want to get lost in history. ひとまず、歴史の中で迷うといけないので、ここでは割愛させていただく。
After all, we still have to cover the Russian Revolution, and we'll move to in a way, it wasn't brought to you in school. I promise. やはり、ロシア革命を取り上げなければならない。学校では教えてくれなかった方向からあなたをお連れしよう。約束する。


関連記事