続・カバルの崩壊 Part 3 - 世界の怒り

THE SEQUEL TO THE FALL OF THE CABAL - PART 3 - World Wide Wrath

BIT CHUTE THE SEQUEL TO THE FALL OF THE CABAL - PART 3, 2020/11/03より。

ハイライト:

  • さまざまな戦争があった。

  • いずれもカバルが両陣営を扇動し、資金を提供したものである。

  • 世界征服を目指す彼らの永遠の計画のキーワードは、Hatred(憎しみ)、Revenge(復讐)、Disdain(軽蔑)。

THE SEQUEL TO THE FALL OF THE CABAL - PART 3 - World Wide Wrath

In the previous parts, we saw how the French Revolution, the Napoleonic Wars and WWI led to the destabilization of Europe. Here is what happened next…

前編では、フランス革命、ナポレオン戦争、第一次世界大戦を経て、ヨーロッパが不安定になっていく様子を見てきました。ここでは、その次に何が起こったのかを見ていきます…。



Next, or rather simultaneously, it was time for the Cabal to take revenge on Russia. 次に、いや同時に、カバルがロシアに復讐する時が来た。
Once again, financed by their partner in crime, the Rothchilds, they started the Russian Revolution. 彼らは再びパートナーであるロスチャイルド家の資金援助を受けて、ロシア革命を起こした。
The pawn and frontman Lenin. 駒であり表看板のレーニン。
His real name, Vladimir Ilyich Ulyanov. 本名はウラジーミル・イリイチ・ウリヤノフ。
Every historian will agree on the fact that Lenin was heavily influenced by Karl Marx, the founder of communism. レーニンが共産主義の創始者であるカール・マルクスから多大な影響を受けていたことは、歴史家なら誰もが認めるところだろう。
But Marx wasn't Russian. He was German. しかし、マルクスはロシア人ではなく、ドイツ人だった。
Lenin was Russian, but as he spent many years in exile in Finland, Switzerland, England and Germany. レーニンはロシア人だが、フィンランド、スイス、イギリス、ドイツなどで長年亡命生活を送っていた。
He'd become almost a stranger to Russia. ロシアではほとんど他所者だった。
At the time, the first part of the Russian Revolution broke out in February 1917, he was completely Westernized. 当時、1917年2月にロシア革命の第一弾が勃発し、彼はすっかり西洋かぶれになっていた。
Marx had inspired him massively with his 1848 pamphlet, The Communist Manifesto. マルクスは、1848年に発表したパンフレット『共産党宣言』で、レーニンに大きな刺激を与えた。
Lenin wasn't just inspired by Marx's communism, but also by his Jesuit background. レーニンは、マルクスの共産主義に影響を受けただけでなく、マルクスがイエズス会の出身であることも影響があった。
Marx was trained in Germany at a Jesuit school, and after that he was tutored by Jesuit in the British Museum on the tenets of communism. マルクスはドイツでイエズス会の学校で教育を受け、その後、大英博物館でイエズス会の会士に共産主義の教義を教えてもらった。
As confirmed by ex Jesuit priest Alberto Rivera, another source of Marxs being a Jesuit coadjutor, an assistant Bishop is Otto von Bismarck, who road in the North German Gazette that Marx was under control of the Jesuit priest Peter Beckx, then Superior General of the Society of Jesus. 元イエズス会司祭のアルベルト・リベラが確認したように、マルクスがイエズス会の共同司教(司教補佐)であったことを示すもう一つ情報源は、オットー・フォン・ビスマルクである。ビスマルクは、マルクスがイエズス会の総長であったペーター・ベックスの支配下にあったことを『北ドイツ新聞』で伝えている。
And there was more Jesuit influence on Lenin. また、レーニンには更にイエズス会の影響があった。
His right hand man, Felix Dzerzhinsky, who was the head of the Soviet secret police, was a great admirer of the Jesuits. 彼の右腕であり、ソ連の秘密警察のトップであったフェリックス・デルジンスキーは、イエズス会の熱狂的なファンだった。
Furthermore, Lenin formally readmitted the Jesuits into Russia in 1922, which is rather strange as religion was prohibited at that time within communism. さらに、レーニンは1922年にイエズス会を正式にロシアに再入国させているが、当時は共産主義の中で宗教が禁止されていたので、むしろ不思議なことである。
But then again, what is strange? The origin of communism lies in the Jesuit ideology. しかし、それにしても不思議なことがあるものだ。共産主義の原点は、イエズス会の思想にある。
As confirmed by many historians, the Jesuits in the 17th and 18th centuries, perfected the first system of communist governance in their reductions in Paraguay. 多くの歴史家によって確認されているように、17世紀から18世紀にかけて、イエズス会はパラグアイの削減施設で最初の共産主義統治システムを完成させた。
In the New Advent Catholic Encyclopedia, it reads on the conditions of property. 『新アドベント・カトリック百科事典』では、財産の条件について書かれている。
The economic basis was a sort of communism. 経済的基盤は一種の共産主義であった
The land and all that stood upon it was the property of the community. 土地とその上に立つすべてのものは、コミュニティの財産だった。
The land was apportioned among the caciques, who allotted it to the families under them. 土地はカシケに配分され、カシケはその下の家族に割り当てた。
Agricultural instruments and cattle were loaned from the common supply. 農機具や牛などは共通の備品から貸し出された。
No one was permitted to sell his plot of land or his house. 誰も自分の土地や家を売ることは許されなかった。
Very communist indeed. まさに共産主義的だ。
We will see later on in this documentary that even the term social justice was invented by the Jesuits. このドキュメンタリーの後半では、社会正義という言葉さえもイエズス会が考案したものであることを紹介しよう。
The first man to name it and write about it was the Jesuit Luigi Taparelli d'Azeglio. 最初に名前をつけて記事にしたのは、イエズス会のルイジ・タパレッリ・ダゼリオである。
Lenin was a Jesuit puppet who was pushed forward by the Cabal to destabilize and destroy the country. レーニンはイエズス会の操り人形であり、国を不安定にして破壊するためにカバルによって推進された。
He hated Russia and the Russians. 彼はロシアとロシア人を憎んでいた。
Some of his most famous quotes are, I spit on Russia. 彼の有名な言葉に「ロシアに唾を吐く」がある。
While the State exists there can be no freedom. 国家が存在する限り、自由は存在しない。
When there is freedom, there will be no state and May 90% of the Russians die, and let the other 10% live under communism. 自由があれば国家は存在しない。ロシア人の9割は死んでもかまわず、残りの1割は共産主義の下で生かせ
The Russian Revolution was a Jesuit attack on the country. ロシア革命はイエズス会の攻撃だった。
The motive? Revenge. その動機とは? 復讐である。
The pawn Lenin, the tool, the Bolshevist. 駒のレーニン、道具のボルシェビキ主義者。
They were the equivalent of the Jacobins during the French Revolution. ボルシェビキ主義者はフランス革命のジャコバン派に相当する存在である。
Millions of people died in Russia between 1917 and 1923, the year in which the Russian Revolution ended with the Bolshevist founding of the Soviet Union. 1917年から1923年にかけて、ロシアでは何百万人もの人々が亡くなった。ロシア革命が終わり、ボルシェビキ主義者がソビエト連邦を建国した年である。
Now, before we move on to World War II, where we will share with you a discovery that quite frankly, knocked off of our feet. さて、第二次世界大戦の話に移る前に、率直に言って、私たちを驚愕させる発見を紹介しよう。
So keep watching. なので視聴を続けてほしい。
We will first take a look at a chain of events in the US. まず、アメリカでの一連の出来事を見てみよう。
Maybe you remember from Part 2 of the previous series that in 1913, the US Federal Reserve Bank was founded, the mother of all banks owned by several Cabal families, among which the Rothchild. 前シリーズのパート2を覚えているかもしれないが、1913年、アメリカの連邦準備銀行が設立された。この銀行は、ロスチャイルド家をはじめとする複数のカバルファミリーが所有する銀行の母体である。
Remember what happened to the three wealthiest and most influential opponents of the Fed. 最も裕福で影響力のある3人のFRB反対派がどうなったかを思い出してほしい。
They conveniently died when the Titanic sank. 彼らはタイタニックが沈んだときに都合よく死んだ。
Less than a year later, the Fed was a done deal. それから1年も経たないうちにFRBは成立した。
In the US at that time, about 21,000 banks did not yet fall under the jurisdiction of the Fed. 当時のアメリカでは、約21,000の銀行がまだFRBの管轄下ではなかった。
That was and still is an absolute lethal thing to do. 昔も今も、それは絶対に致命的なことである。
One might as well commit suicide as history has proven over and over again worldwide. いっそ自殺した方がいいのは、歴史が証明している。
In 1914, World War I started. 1914年、第一次世界大戦が勃発した。
1 year after the establishment of the Federal Reserve. 連邦準備制度の設立から1年後だった。
Between 1914 and 1919, the Fed doubled the money supply, causing a nationwide increase in lending. 1914年から1919年にかけて、FRBは通貨供給量を2倍に増やし、全国的に貸し出しを増やした。
In 1920, it shrank the money supply, and five and a half thousand competitor banks went bankrupt. 1920年には通貨供給量を減らし、競合する5,500の銀行が倒産した。
They were bought by the Fed for next to nothing. それらをFRBはほとんど労せずに買ったのだ。
Between 1921 and 1929, the Fed increased the money supply again. 1921年から1929年にかけて、FRBは再び通貨供給量を増やした。
Loans were everywhere, but on October 23 1929, 2.6 million shares were sold in a frenzy. 融資はあちこちで行われたが、1929年10月23日、260万株が狂乱的に売られた。
By whom? Not that hard to guess. 誰によって? 推測はそれほど難しくないだろう。
The next day, on October 24, at 9:00 am, Wall Street was closed and the money makers who had gathered outside slowly started to realize in a state of shock what had happened. 翌10月24日の午前9時、ウォール街は閉鎖され、外に集まっていたマネーメーカーたちは、ショック状態の中で徐々に事態を認識し始めた。
Loans were called in. 貸付は取り立てられた。
Investors were forced to sell their shares. 投資家は株式の売却を余儀なくされた。
This event became known in history as the Wall Street Crash. この出来事は歴史上、「ウォール街の大暴落」として知られている。
The Wall Street crash brought the rest of the world on its knees too. ウォール街の大暴落は、世界の国々をも屈服させた。
16,000 competitive non Fed banks went bankrupt. 16,000もの競争力のある非FRB銀行が倒産した。
They, too, were bought for next to nothing. 彼らはまたも、ほとんど労せず買った。
It was called the greatest robbery in history. それは史上最大の強盗と呼ばれた。
But it wasn't enough. しかし、それだけでは足りなかった。
The Fed reduced the money supply even further by 30%, causing starvation throughout the US. FRBは通貨供給量をさらに30%削減し、アメリカ全土に飢餓をもたらした。
The Rothchild had done what they have successfully been doing since the French Revolution, manipulating the stock market at the expense of the people to further increase their wealth and power. ロスチャイルド家はフランス革命以来の成功を踏襲して、国民の犠牲の上に株式市場を操作し、自分たちの富と権力をさらに拡大しようとしていた。
Congressman McFadden was so horrified he began impeachment proceedings against the bankers who owned the Federal Reserve. マクファーデン下院議員は恐怖に襲われ、連邦準備銀行を所有する銀行家に対する弾劾手続きを始めた。
Like I said, he might as well have committed suicide straight away. 私が言ったように、彼はすぐに自殺した方がよかったかもしれない。
He was poisoned at a banquet and the impeachment was abandoned. マクファーデンは宴席で毒殺され、弾劾は頓挫した。
One simply does not get in the way of the Kazarian Cabal. カザリアのカバルの邪魔をしてはいけないのだ。
4 years after the Wall Street Crash in 1933, on the pretext of getting out of the depression, the banks persuaded the government to carry out a national gold seizure on penalty of imprisonment for 10 years. ウォール街の大暴落から4年後の1933年、銀行は不況からの脱却を口実に、政府を説得して、違反すれば10年の禁固刑を条件に全国の金塊を押収した。
That's right. And the pressure of the Fed, President Roosevelt signed Executive Order 602 to make the impoverished American people give up their gold. そう。そして、FRBの圧力を受けて、ルーズベルト大統領は大統領令602号に署名し、貧困にあえぐアメリカ国民に金塊を手放させた。
They had nothing left. もう何も残っていない。
With the gold standard gone, the Cabal had no more limitations on how they could manipulate the money supply. 金本位制がなくなったことで、カバルのマネーサプライを操作する方法に制限がなくなった。
This meant absolute dominance on top of everything else. これは、何よりも絶対的な支配を意味していた。
Income tax was created in 1913 to cover this huge amount of money the government was paying the Federal Reserve. 所得税は、政府が連邦準備銀行に支払っていた巨額の資金を補うために、1913年に創設された。
Like we said in Part 2 of the previous series, income tax is illegal. 前シリーズの第2回でお伝えしたように、所得税は違法である。
We were just never told. 私たちが知らされていなかっただけだ。
One of the dire consequences of the Wall Street Crash was that the Fed called in all international loans. ウォール街の大暴落の悲惨な結果の1つは、FRBがすべての国際的なローンを取り立てたことである。
The country that was the worst affected was Germany. 最も被害が大きかったのはドイツだった。
After World War I, the country had to pay reparations to the victims for which it desperately needed the loans, as well as for rebuilding the country and the economy. 第一次世界大戦後は、被害国への賠償金の支払いや国や経済の再建のために、どうしても融資が必要だった。
When the Fed called in their loans, the German economy collapsed. FRBが融資回収を行った時、ドイツ経済は崩壊した。
The country dived into a deep depression. 国は深い不況に陥った。
That same winter, about 2,000,000 people were unemployed. 同年の冬、約200万人が失業した。
Less than three years later, that number had tripled, meaning a staggering unemployment rate of 40%. 3年も経たないうちに、その数は3倍に増え、失業率は40%という驚異的な数字になっていた。
The government's expenses to support these people went through the roof. 失業者を支援するために、政府の経費は一気に増えた。
The chancellor cancelled unemployment support in a desperate move which made things even worse. 首相は絶望的な方法で失業者支援を中止し、事態はさらに悪化した。
More chancellors came and went. 多くの首相が交代した。
Nobody knew what to do with this mess. この混乱をどうすればいいのか、誰にも分からなかった。
People were losing faith in democracy. 人々は民主主義への信頼を失っていた。
Music to the ears of the Cabal and sword help from extreme left, the communist or extreme right, the Nazis. カバルの耳には音楽が流れ、極左の共産主義者や極右のナチスからは武力の助けがあった。
In January 1933, Hitler became Chancellor of Germany. 1933年1月、ヒトラーはドイツの首相に就任した。
Although he had a majority of seats in Parliament, he did not have the absolute power he desired. 彼は議会で過半数の議席を持っていたが、望んでいた絶対的な権力を持っていたわけではなかった。
Conveniently, only 4 weeks later, the Reichstag, home of the German Parliament in Berlin was set on fire, allegedly by communists. 好都合なことに、そのわずか4週間後、ベルリンにあるドイツ議会の本拠地、ライヒスタークが共産主義者によるものとされる火事に見舞われた。
Hitler used the event to persuade President Hindenburg to pass an Emergency Act restricting personal liberty. ヒトラーはこの出来事を利用してヒンデンブルク大統領を説得し、個人の自由を制限する緊急法を成立させた。
The act of abolish freedom of speech, assembly, privacy and the press. 言論、集会、プライバシー、報道の自由を廃止する法である。
It abolished the right and own property and the right to trial before imprisonment. また、財産権や裁判権も廃止された。
It legalized phone tapping and interception of correspondence. 電話の盗聴や通信の傍受を合法化した。
The decree was used as the legal basis for the imprisonment of anyone considered to be opponents of the Nazis. この法令は、ナチスに反対する者を投獄するための法的根拠となった。
People could be imprisoned for any or no reason. 理由の有無にかかわらず、人々は投獄される可能性がある。
That night, around 4,000 people were arrested, imprisoned and tortured by the SA. その夜、約4,000人が突撃隊に逮捕され、投獄され、拷問を受けた。
Hitler was now able to imprison communist leaders. ヒトラーは、共産主義者のリーダーを投獄できるようになった。
So his main opponent during the elections the Communist Party fell apart. そのため、選挙の際の主な敵である共産党は崩壊してしまった。
Hitler's SA intimidated the rest of the opposition, after which he pushed through the Enabling Act that enabled him to make laws without the Parliament's consent for the next 4 years. ヒトラーの突撃隊は他の野党を威嚇し、その後4年間、議会の同意なしに法律を作ることができる「有効化法」を強行したのである。
This gave Hitler absolute power. これにより、ヒトラーは絶対的な権力を手に入れた。
He then banned all political parties. そして、すべての政党を禁止した。
Only the Nazi Party was allowed to exist. ナチス党だけが存在を許されていた。
The final obstruction to absolute dictatorship was dealt with on June 30 1934, called the Night of the Long Knives. 1934年6月30日、「長いナイフの夜」と呼ばれる、絶対的な独裁のための最後の障害が処理された。
when 400 SA members who were making demands were slaughtered by Hitler's S.S.. 要求を出していた400人の突撃隊員が、ヒトラーの親衛隊によって虐殺された。
One and a half months later, Hitler was an absolute control of Germany. 1ヶ月半後、ヒトラーはドイツを絶対的に支配していた。
He had become the Führer meaning he was President, Chancellor and head of the Army. 彼は総統になった。つまり、大統領であり、首相であり、陸軍のトップである。
Members of the armed forces had to swear a personal oath of allegiance not to Germany, but a Hitler, which is so Jesuit. 軍隊員は、ドイツではなく、ヒトラーに忠誠を誓うという個人的な宣誓をしなければならなかったが、これはいかにもイエズス会らしい。
Remember the oath of absolute subservience and obedience to the Supreme General? Who was Hitler? Really. 最高総司令官への絶対服従とその誓いを覚えてるだろうか? ヒトラーとは何者なのか? 本当に。
Hitler came from an interesting family. ヒトラーは興味深い家庭に生まれた。
His mother was Klara Pölzl. 母親はクララ・ペルツル。
His father was Alois Hitler. 父親はアロイス・ヒトラーだった。
Alois's mother is where things get really interesting. アロイスの母親、ここからが本当の意味で興味深い。
Her name was Maria Anna Schickigruber. 彼女の名前は、マリア・アンナ・シックルグルーバー。
She was a simple button[?] girl from a village called Stones near Dollarhide. 彼女は、ダラーハイド近くストーンズという村の素朴なボタン[?]娘だった。
At the age of 42, still being single, she gave birth to Alois at the time she conceived September 1846. 42歳の時まだ独身だった彼女は、1846年9月に妊娠しアロイスを出産した。
Maria lived in Vienna, where she worked as a servant for none other than Anselm Salomon von Rothschild. マリアはウィーンに住み、アンセルム・サロモン・フォン・ロスチャイルドの下で使用人として働いていた。
As soon as the family discovered her pregnancy, she was sent back home where Alois was born. 妊娠が発覚するとすぐに家に戻され、アロイスが生まれた。
Maria refused to tell who the father was. マリアは、父親が誰であるか言おうとしなかった。
It must have been someone with power for she kept it secret for the rest of her life, and the father did not feel the need to marry her. それは権力を持った男だったに違いない。彼女は一生そのことを秘密にしていたし、父親も彼女を結婚させる必要を感じていなかった。
When Alois was 5 years of age, Maria married Johann Georg Hiedler. アロイスが5歳の時、マリアはヨハン・ゲオルク・ヒードラーと結婚した。
Even though many researchers believe he must have been Alois's biological father, he never acknowledged the boy as his own. 多くの研究者が、彼がアロイスの実父に違いないと考えているにもかかわらず、彼はその子を自分の子として認めなかった。
It wasn't until Alois was 40 years old when he suddenly changed his surname from Schickigruber to Hitler. アロイスが40歳になってから、突然、苗字をシックルグルーバーからヒトラーに変えたのである。
Why wait so long if he was truly Hitler's son? That doesn't make sense at all. 彼が本当にヒードラーの息子であるならば、なぜそんなに長く待つのか? それは全く意味がない。
Alois married Klara Pölzl. It was his third marriage. アロイスはクララ・ペルツルと結婚した。3度目の結婚だった。
They had 6 children, 4 of which died at a very young age. 彼らには6人の子供がいたが、そのうち4人は幼くして亡くなった。
The only two surviving children were Adolf and his sister Paula. 生き残った子供は、アドルフと妹のパウラの2人だけだった。
Nobody knows for sure who the biological father of Alois Hitler was. アロイス・ヒトラーの生物学的な父親が誰であるかは、誰もはっきりとは知らない。
Several names have come forward. 何人かの名前が挙がっている。
Leopold Frankenberger, Johann Nepomuk Hiedler (Johann Georg Hiedler's brother), but we found no real evidence for any of the above. レオポルド・フランケンベルガー、ヨハン・ネポムク・ヒードラー(ヨハン・ゲオルク・ヒードラーの弟)、しかし、上記のいずれについても実際の証拠は見つからなかった。
They all seem to have been used as a decoy to take our attention away from Anselm Salomon von Rothschild. 彼らは皆、アンセルム・サロモン・フォン・ロスチャイルドから私たちの注意をそらすためのおとりとして使われたようだ。
So, why do we believe it was von Rothschild to impregnate Maria? Because of several indicators. では、なぜマリアを孕ませたのはフォン・ロスチャイルドだと考えられるのか。それはいくつかの指標があるからだ。
First of all, 9 months before Alois birth, takes us to September 1836. まず、アロイスが生まれる9ヶ月前、1836年9月。
According to the Rothschild archives in London, Maria worked as a maid for Anselm Salomon von Rothschild. ロンドンのロスチャイルド文書館によると、マリアはアンセルム・サロモン・フォン・ロスチャイルドの家政婦として働いていた。
Now there are two possible suspects of the rape of Maria. 現在、マリアをレイプした容疑者は2人いる。
One, Anselm, who was 33 years old at the time. 一人は、当時33歳だったアンセルム。
Two, his father, Salomon Mayer von Rothschild who was 72 at that time. 二人目は、当時72歳だった父親のサロモン・マイヤー・フォン・ロスチャイルド。
Now, the Rothschild archives contain handwritten correspondence between the son Anselm and the London Rothchild Bank, which proves he was in Vienna at the time of the conceived pregnancy. 現在、ロスチャイルド文書館には、息子のアンセルムとロンドン・ロスチャイルド銀行との間で交わされた手書きの書簡があり、妊娠した当時、アンセルムがウィーンにいたことが証明されている。
His father, on the other hand, was in Paris. 一方、父親はパリにいた。
That narrows it down, don't you think? Secondly, in 1876, when Alois was 40 years old, he suddenly inherited a large sum of money. これで絞れたと思いませんか? 次に、1876年、アロイスが40歳の時に、突然、大金を相続した。
From whom? There wasn't any money in the family. 一体誰から? 家族にはお金がなかった。
Anselm Salomon von Rothschild died a year and a half prior the time needed to pass an estate through the probate court. アンセルム・サロモン・フォン・ロスチャイルドは、検認裁判所に遺産を渡すのに必要な期間の1年半前に亡くなっている。
It was the same time Alois suddenly changed his name to Hitler. Remember? Was that just a coincidence, or was it a demand by the Rothschild in order to receive the inheritance, so that he would not be traced back to the Rothschild bloodline? Now, please bear in mind that officially the Rothschilds were Jewish. アロイスが突然、ヒトラーに名前を変えたのも同じ時期だった。覚えているだろうか? それは単なる偶然だったのか、それともロスチャイルドの血統を辿られないように、遺産を受け取るためのロスチャイルドの要求だったのか。さて、公式にはロスチャイルド家はユダヤ人であったことを心に留めておいてほしい。
They were the Babylonian Khazars who converted to the Jewish faith under pressure of the Russian King. 彼らはバビロニアのカザール人で、ロシア王の圧力でユダヤ教に改宗した。
Call them fake Jews if you like. But to the outside world, Adolf Hitler's father was half Jewish. 彼らを偽ユダヤ人と呼んでも構わない。しかし、外の世界では、アドルフ・ヒトラーの父親は半分ユダヤ人だった。
If this ever came to light, it would be one hell of a scandal. もしこれが明るみに出れば、とんでもないスキャンダルになるだろう。
And so all traders of the Führer Adolf Hitler leading to the Rothschild had to be erased. そして、ロスチャイルドにつながるアドルフ・ヒトラー総統のすべての業者を消さなければならなかった。
In 1921, the Munich Post intercepted a pamphlet that circulated among the early members of Hitler's Nazi party, the NSDAP. 1921年、ヒトラーのナチス党「NSDAP」の初期メンバーの間で出回ったパンフレットをミュンヘンポスト社が傍受した。
The pamphlet title was Adolf Hitler Traitor. パンフレットのタイトルは「アドルフ・ヒトラーは裏切り者」。
It dealt with the alleged Jewish blood in Hitler's veins. ヒトラーにはユダヤ人の血が流れていると言われていたのだ。
It accused settler of fronting for Jewish finances and for acting like a Jew himself. この記事では、移民がユダヤ人の資金源を装い、自らもユダヤ人のように振る舞っていると非難している。
The Munich Post decided to publish the pamphlet. ミュンヘンポスト社は、このパンフレットの出版を決定した。
On the very day the Hitler became Chancellor, the Munich Post was ransacked and its editors and writers were sent off to concentration camps where they were never heard from again. ヒトラーが首相になったその日に、ミュンヘンポストは襲撃され、編集者やライターは強制収容所に送られて二度と連絡が取れなくなった。
The Austrian Chancellor Dollfuss, investigated Hitler's family origins on two occasions. オーストリアのドルファス首相は、2度にわたってヒトラーの家族の出自を調査した。
The first investigation, published in 1932, determined that Hitler's father was illegitimate, born to a 42 year old unmarried woman and an unknown father. 1932年に発表された最初の調査では、ヒトラーの父親は42歳の未婚女性と父親不明の間に生まれた非嫡出子であると断定された。
The second investigation determined that Hitler's mother was employed as a domestic servant in the residence of Baron Rothschild of Vienna. 2回目の調査では、その子の母親がウィーンのロスチャイルド男爵の屋敷で家政婦として働いていたことが判明した。
Shortly after Hitler ordered the assassination of Dollfuss in 1934. その直後の1934年、ヒトラーはドルファスの暗殺を命じた。
Adolf Hitler once told his nephew, William Patrick Hitler, These people must not know who I am. アドルフ・ヒトラーは、甥のウィリアム・パトリック・ヒトラーに「この者たちは、私が誰であるかを知らないに違いない」と言ったことがある。
You must not know where I come from and which family I'm from. 私がどこから来たのか、どの家系なのか、知らないはずだ。
In an effort to erase any evidence that would lead to Hitler back to the Rothschilds, not only were people murdered, but the entire village of Dollarhide the Hitler's grandmother had come from was completely destroyed on Hitler's orders. ヒトラーがロスチャイルド家に遡及される証拠を消すために、人々が殺害されただけでなく、ヒトラーの祖母の出身地であるドルハイド村も、ヒトラーの命令で完全に破壊された。
Adolf Hitler the Führer did not come out of nowhere. 総統アドルフ・ヒトラーは、突然現れたわけではない。
We believe he was a Rothchild, maybe an illegitimate one, but still. 私たちは彼がロスチャイルドの血を引いていると信じている。非嫡出子かもしれないが、それでもだ。
We saw in the previous series in Part 5, how the illegitimate James Alefantis Rothschild was pushed forward by the family to play a very important part in the US elite and a pizza gate. 前回のシリーズ第5回で私たちは、非嫡出子であるジェームズ・アレファンティス・ロスチャイルドが、一族によって推進され、米国のエリートやピザゲートで非常に重要な役割を果たすようになったことを紹介した。
Well, Adolf Hitler too, was pushed forward the same way to influence the outcome of yet another Cabal war. アドルフ・ヒトラーも同じように、カバルによるまた新たな戦争の結果を左右するために推し進められている。
Hitler was a great admirer of the founder of the Jesuits, Ignatius of Loyola. He said. ヒトラーは、イエズス会の創設者であるロヨラのイグナティウスを敬愛していた。彼は言う。
I learned much from the Order of the Jesuits. 私はイエズス会の修道会から多くのことを学んだ。
Until now, there has never been anything more grandiose, on the earth, than the hierarchical organization of the Catholic Church. 今までの地球上には、カトリック教会の階層的な組織ほど壮大なものはなかった。
I transferred much of this organization into my own party. 私はこの組織の多くを自分の党に転移させた。
Hitler called Heinrich Himmler the inventor and organizer of the Holocaust, The Reichsführer of the S.S., and compared him to Ignatius of Loyola. ヒトラーは、ホロコーストの発明者であり組織者であったハインリッヒ・ヒムラーを「親衛隊全国指導者」と呼び、ロヨラのイグナティウスになぞらえていた。
The S.S. organization has been constituted by Himmler according to the principles of the Jesuit Order. 親衛隊の組織は、ヒムラーによってイエズス会の原則に基づいて構成されている。
Their regulations and the spiritual exercises prescribed by Ignatius of Loyola were the model Himmler tried to copy exactly. 彼らの規則や、ロヨラのイグナチオが定めた精神修養法は、ヒムラーがそっくり真似しようとしたモデルである。
Himmler's title as supreme chief of the S.S was to be the equivalent to the Jesuit General and the whole Structure and direction was a close imitation of the Catholic Church's hierarchical order. 親衛隊の最高責任者であるヒムラーの肩書きは、イエズス会の総長に相当するものであり、全体の構造と方向性は、カトリック教会の階層秩序を忠実に模倣したものであった。
Absolute obedience was the supreme rule; every order had to be executed without comment. 絶対服従が至上命題であり、すべての命令は文句なしに実行されなければならない。
Hitler presented himself as the solution to all problems. ヒトラーは、自分自身がすべての問題の解決策であることを示していた。
He offered jobs in the war and weapon industry. 彼は、戦争や兵器産業での仕事を提供した。
He got rid of everyone he blamed for Germany's problems. 彼は、ドイツの問題の原因となる人物をすべて排除した。
The Jews, the Gypsies, the Communists, the disabled, the homosexuals, and he confiscated all of their money. ユダヤ人、ジプシー、共産主義者、障害者、同性愛者、彼らの金銭をすべて没収したのだ。
Hitler was supported by a highly efficient propaganda machine led by S.S. Joseph Goebbels. ヒトラーを支えたのは、親衛隊のヨーゼフ・ゲッベルスを中心とした効率的な宣伝組織だった。
The brain washed the German people into believing that Hitler with some sort of a Messiah and let the Jews were a cause of all evil. ドイツ国民を洗脳して、ヒトラーをある種の救世主と信じさせ、ユダヤ人を諸悪の根源と信じさせたのである。
Well, we all know what happened. 何が起こったかは、誰もが知っている。
85,000,000 people died in World War II. 第二次世界大戦で85,000,000人が亡くなった。
But the Cabal wasn't dumb just yet. しかし、カバルはまだ黙っていなかった。
As you might know, in the aftermath of World War II, hundreds of thousands of Jews emigrated to the Promised Land of Israel. ご存知のように、第二次世界大戦後、何十万人ものユダヤ人が約束の地、イスラエルに移住した。
But did you know that this migration had already been planned by the Cabal in 1917, 22 years before World War II even started? Palestine was given away literally by Arthur James Balfour, Foreign Secretary of the United Kingdom, on behalf of the British government. しかし、この移住は、第二次世界大戦が始まる22年前の1917年に、カバルによってすでに計画されていたことをご存知だろうか? パレスチナは、イギリス政府代表の外務大臣アーサー・ジェームズ・バルフォアが文字通り譲った。
As if nothing more but a chest piece. ただの胸飾りのように。
A country with inhabitants was given away to, guess who, Lord Lionel Walter Rothschild. すでに住民のいる国は、誰あろう、ライオネル・ウォルター・ロスチャイルド卿に与えられた。
But wait a minute. しかし、ちょっと待って。
1917? The First World War haven't even ended yet. 1917年? 第一次世界大戦はまだ終わっていない。
So how on earth could they be talking about a home for the Jews? The Jewish genocide hadn't even started yet. それなのに、一体なぜユダヤ人の郷土の話が出てくるのか。ユダヤ人虐殺はまだ始まってもいなかった。
We're talking about the Balfour Declaration, signed by Balfour himself on the 2nd of November 1917. 今話しているのは、1917年11月2日にバルフォア自身が署名した「バルフォア宣言」のことである。
Dear Lord Rothschild, I have much pleasure in conveying to you on behalf of His Majesty's Government the following declaration of sympathy with Jewish Zionist aspirations, which has been submitted to and approved by the Cabinet. 親愛なるロスチャイルド卿、私は陛下の政府を代表して、内閣に提出され承認されたユダヤ人シオニストの志への共感を示す、以下の宣言をお伝えすることに大きな喜びを感じています。
His Majesty's Government view with favour the establishment in Palestine of a National home for the Jewish people and will use their best endeavors to facilitate the achievement of this object. 陛下は、パレスチナにユダヤ人のための郷土を設立することを好意的に受け止めており、この目的の達成を促進するために最善の努力を払います。
It being clearly understood that nothing shall be done which may prejudice the civil and religious rights of existing non-Jewish communities in Palestine, or the rights and political status enjoyed by Jews in any other country. パレスチナに存在する非ユダヤ人社会の市民的・宗教的権利や、他国でユダヤ人が享受している権利や政治的地位を損なうようなことは、一切してはならないということが明確に理解されています。
I should be grateful if you would bring this declaration to the knowledge of the Zionist Federation, Arthur James Balfour. あなたがこの宣言をシオニスト連盟に知らせてくれれば、私は感謝します。アーサー・ジェームズ・バルフォア
Neither the Jews nor the Palestinians knew about this. ユダヤ人もパレスチナ人もこのことを知らなかった。
It was yet another brilliant move of nothing but chess pieces by the Cabal, what was presented as a benign action in favor of the Jews was once again a divide and conquer strategy. これもまた、カバルによるチェスの駒に過ぎない見事な動きだった。ユダヤ人のための良心的な行動と見せかけて、またしても分割統治の戦略だったのだ。
It could only end in yet another war, this time between Jews and Palestinians. その結果、今度はユダヤ人とパレスチナ人の間で再び戦争が起こる可能性が生じた。
The Jewish people were willingly and knowingly murdered, 22 years after the Balfour Declaration was signed. Why? Because the Rothchilds and the other Cabal families had done one focus, Jerusalem, is not by chance that so many family members have Solomon in their name, a Temple of Solomon, Temple Mount, and therefore the Land of Israel was the main priority. バルフォア宣言が調印されてから22年後、ユダヤ人は喜んで承知の上で殺害された。なぜか? ロスチャイルド家をはじめとするカバル一族が一つのことに焦点を当てていたからである。エルサレムは偶然の産物ではない。多くのファミリーメンバーの名前にソロモンが入っているのは偶然ではない。ソロモンの神殿、神殿の山、そしてイスラエルの土地が最優先事項だったのだ。
We will soon tell you why and expose their deepest and darkest secret. その理由と、彼らの最も深くて暗い秘密がじきに明かされるだろう。
For now, millions of Jewish people were sacrificed in order to get there. さしあたって、そこに至るまでに何百万人ものユダヤ人が犠牲になった。
There were many more wars to follow, like the Vietnam War, the Cold War. その後も、ベトナム戦争、冷戦など、さまざまな戦争があった。
All were instigated and financed on both sides by the Cabal. いずれもカバルが両陣営を扇動し、資金を提供したものである。
That's how people across the world were kept in fear, paralyzed and poor, divided, and subservient. そうやって世界中の人々が恐怖にさらされ、麻痺して貧しくなり、分断され、従属するようになったのだ。
Once you understand and see their strategy, you cannot unsee it. 彼らの戦略を理解して見てしまうと、それを見ないわけにはいかない。
But the worst was yet to come, for times were changing, and the Cabal adapted their strategy as time went along. しかし、最悪の事態はまだ来ていなかった。時代は変化しており、カバルは時間の経過とともに戦略を変えていった。
Key words in their everlasting plan to conquer the world, Hatred, Revenge, Disdain. 世界征服を目指す彼らの永遠の計画のキーワードは、Hatred(憎しみ)、Revenge(復讐)、Disdain(軽蔑)。
These three words were perfectly combined in one document, The PROTOCOLS of the Learned Elders of ZION. この3つの言葉を完璧に組み合わせたのが、『シオンの学識ある長老たちの議定書』という1つの文書である。

概括

All wars were instigated by the Cabal. Everything was planned, every pawn necessary was pushed forward to execute the evil plan of the Cabal. The target was to make more money and obtain more power over the backs of the people, who bled and died as nothing more than collateral damage…

By the time WWII had ended, millions of people had perished. Everyone who was different, everyone who spoke up had been murdered. The ultimate scapegoat, the Jewish people, had been sacrificed willingly and knowingly, in order to take control of Israel. From that moment on, the Zionists took over. The Palestinian people who had lived in Israel since the beginning of time, were subdued in yet anoher Cabal war…

すべての戦争は、カバルが扇動したものです。すべてが計画され、カバルの邪悪な計画を実行するために必要なすべての駒が進められました。その目的は、より多くのお金を稼ぎ、より多くの権力を手に入れることであり、人々は血を流し、巻き添えになって死んでいったのです…。

第二次世界大戦が終わった時には、何百万人もの人々が亡くなっていました。他人と違うことをした人、声を上げた人は皆、殺されてしまったのです。究極のスケープゴートであるユダヤ人は、イスラエルを支配するために、故意に犠牲にされたのです。その瞬間からシオニストが支配するようになりました。太古の昔からイスラエルに住んでいたパレスチナの人々は、カバルが起した戦争で制圧されてしまいました…。



関連記事