続・カバルの崩壊 Part 1 - カバルの誕生

THE SEQUEL TO THE FALL OF THE CABAL - PART 1 - The Birth of the Cabal

BIT CHUTE THE SEQUEL TO THE FALL OF THE CABAL - PART 1, 2020/10/17から。

ハイライト:

  • しかし、テンプル騎士団が最も得意とする分野があった。それは銀行業である。巡礼者が自国で資産を預け、聖地で資金を引き出すことができるように、各国に銀行のネットワークを構築していた。

  • これにより、イエズス会は終焉を迎えた。まさに歴史は繰り返されたのである。しかし、テンプル騎士団のように、それだけでは終わらなかった。彼らは別の名前、つまりフリーメイソンを使い続けたのである。

THE SEQUEL TO THE FALL OF THE CABAL - PART 1 - The Birth of the Cabal

This is the sequel to “The End Of The World As We Know It - The Fall OF The Cabal”, a 10 part documentary that we hope you watched before proceeding with this one. In this sequel, we focus on the identity of the Cabal, as promised.

Years of research have gone into this documentary. Still, we urge you to do your own research and double-check everything we present to you. That is the only way to truly wake up to the Truth…

Please keep watching until the very end. We guarantee it will change your view on reality forever…

本作は、「The End Of The World As We Know It - The Fall OF The Cabal」(全10回)の続編です。この続編では、お約束通り、カバルの正体に焦点を当てましょう。

このドキュメンタリーには、何年もの調査が行われました。しかし、私たちが紹介するすべてのものを自分で調べ、ダブルチェックしていただきたいと思います。それが、本当の意味で「真実」に目覚めるための唯一の方法なのですから…。

最後までご覧ください。あなたの現実に対する見方が永遠に変わることを保証します…。



I ended my 10 part documentary about the Fall of the Cabal with a promise. 私は「カバルの崩壊」をテーマにした10部作のドキュメンタリーの最後で、ある約束をした。
A promise to dive deeper into the story behind the darkness in this world we live in. 私たちが住むこの世界の闇の背後にある物語をより深く掘り下げることを約束したものだ。
What happened? How did we get to this point? Who is the Cabal and what is their exact agenda? Are you ready to go further down the rabbit hole? Well, fasten your seat belts for this is going to be one heck of a ride. 何が起こったのか? なぜこのような事態になってしまったのか? カバルとは何者で、彼らの正確な意図は何なのか? あなたはウサギの穴に入っていく準備ができていますか? さて、シートベルトを締めて下さい。これはとんでもない乗り物になりそうですよ。
Those who rule the world, those truly in command, are referred to as the Illuminati or Cabal. 世界を支配する者、真に指揮を執る者は、イルミナティやカバルと呼ばれている。
Not many people are aware of their presence, let alone their identity. 彼らの存在に気付いてる人は少なく、ましてその正体に気付いている人は言うまでもないだろう。
We have grown to believe that our countries are ruled by President, by Kings and Queens and governments. But the truth is, these are mere puppets on a string. 私たちは、自分たちの国は大統領、王や女王、政府によって支配されていると信じてききたが、実際には、これらの人々は糸でつながれた単なる操り人形にすぎない。
Who pull the strings? This small yet mysterious and elusive groups that formed shadow governments and who play the world and all of humanity like God playing chess. 誰が糸を引いているのか? それは、影の政府を形成し、世界と全人類を神がチェスをするように操る、小さくも神秘的で捉えどころのないグループである。
Is the Cabal for real? Or is it just a myth? Blown out of proportion by conspiracy series looking for a common enemy, the Cabal is very real. カバルは実在するのか? それとも単なる神話なのか? 共通の敵を探す陰謀論者たちによって大げさに語られてきた「カバル」は実在する。
The evidence can be found throughout history. Abundantly. その証拠は、歴史の中で見つけることができる。豊富な証拠がある。
This story covers thousands of years. この話は、何千年にもわたって続いている。
It is crucial information to understand the modern day Cabal and the evil we are dealing with. これは、現代の陰謀と我々が直面している邪悪なものを理解するための重要な情報である。
Not only that, it is the only way I can possibly reveal to you the best kept and most shocking secret in the history of mankind. そして、それだけではなく、人類史上最も守られてきた、そして最も衝撃的な秘密をあなたに明かすことができる、私の唯一の方法なのだ。
Let's go all the way back in history to the most ancient civilization on Earth, Sumer. 歴史をさかのぼり、地球上で最も古い文明であるシュメールに行ってみよう。
Ancient Sumer seven millennia ago. 7千年前の古代シュメール。
What we know stems back from the early writings on clay tablets written down in Cuneiform script. 私たちが知っているのは、楔形文字で書かれた粘土板に記された初期の記述にさかのぼる。
The Sumerian civilization was a highly developed, an advanced society with grand cities, temples and pyramids, archaeological findings sellers. The cities had amazing mosaics, elaborate streets, housing blocks, indoor plumbing, toilets with water flushing systems, and much more. シュメール文明は高度に発達した先進的な社会で、壮大な都市や神殿、ピラミッドなどがあったことが考古学的な調査結果で明らかになっている。都市には素晴らしいモザイク画、精巧な道路、住宅街、室内の配管、水洗式のトイレなどがあった。
The Temple of Inanna at the ancient city of Uruk still baffles us today, with its blender, its vibrant colors and depictions of strange animal creatures. 古代都市ウルクのイナンナの神殿は、混合、鮮やかな色、奇妙な動物の生き物の描写など、今でも私たちを困惑させる。
Inanna was the ancient Sumerian goddess associated with love, beauty, sex, war, and political power. イナンナは古代シュメールの女神で、愛、美、セックス、戦争、政治的権力と関係がある。
She was later worshiped by the Acadians, Babylonians, and Assyrians under the name of Ishtar or Ashera. その後、アカディア人、バビロニア人、アッシリア人が「イシュタル」または「アシェラ」という名前でその女神を崇拝した。
Many researchers now believe she was Isis of the Egyptians, Diana of the Greeks, and Venus of the Romans. 現在多くの研究者が、彼女はエジプトのイシス、ギリシャのダイアナ、ローマのヴィーナスだと考えている。
She was the consort of Baal, the deity who demanded child sacrifice. 彼女は、子供の生け贄を要求した神バアルの配偶者だった。
We shall later see whether this is true or not. これが本当かどうかは、後で見てみよう。
The ancient culture of Sumer and its polytheistic religion expanded towards the northwest into Babylonia. Then even further West. シュメールの古代文化とその多神教は、北西のバビロニアへと拡大していった。そしてさらに西へ。
It went to what we now know as Canaan and Phoenicia. 彼らは現在のカナンやフェニキアに行った。
More about this group, later. このグループについては後ほどご紹介しよう。
There was a second group. 第二のグループがあった。
They went further North, all the way to the region we now call Ukraine and Southern Russia, between the Black Sea and the Caspian Sea. 彼らはさらに遠く北上し、黒海とカスピ海に挟まれた、現在のウクライナやロシア南部と呼ばれる地域にまで足を伸ばした。
There they took on the name Khazars and called their new homeland the Kingdom of Khazaria. After their ancestors, Joseph Khagan, King of the Khazars, explained in a letter to the foreign Secretary of the Khalif of Cordoba, Hasdai Ibn Shaprut that his people were direct descendants from Jafeth, son of Noah. そこで彼らはカザールという名を名乗り、新しい故郷をカザリア王国と呼んだ。カザール人の祖先であるヨセフ・ハガン王は、コルドバのカリフであるハスダイ・イブン・シャプルートの外国人秘書に宛てた手紙の中で、自分たちの民族がノアの息子ヤフェトの直系の子孫であると説明した。
Khazaria was right at the center of the Northwestern Silk Road. カザリアは、北西部のシルクロードのちょうど中心に位置していた。
Merchant who traveled through Khazaria had to pay toll a lucrative way to swell the covers of the Kingdom. カザリアを通過する商人は通行料を払わなければならなかった。これは王国の財政を潤すための儲けにするためだ。
The Khazars were different than the peoples from the surrounding countries, that were described as thieves and spies. カザール人は泥棒やスパイと言われ、周辺国の民族とは違っていた。
There were said to be lawless people who lived a life of sin of sexual extremities and of cruelty. 性的に過激で残酷な罪の生活をしている無法者がいると言われていたのだ。
They would murder travelers from other countries and adopt their identity. 他国からの旅人を殺害して、その身分を標榜する。
They were masters of deceit, and last but not least, they were said to worship Baal, also referred to as Moloch, a representation of Lucifer that demanded child sacrifice. また、彼らはバアルを崇拝していたと言われている。バアルはモレクとも呼ばれ、子供の生け贄を要求するルシファーの象徴だった。
In return Baal was set to reward them with riches with fame and fortune. その見返りに、バアルは彼らに富と名声と幸運を与えることになっていた。
The neighboring countries despise them. 近隣の国からは軽蔑される。
They hated their sacrificial rituals, in which they threw babies into the flames or cut them open to drink the blood and eat their flesh, claiming it gave them incredible power and energy and eternal youth. 近隣諸国は、カザール人の儀式を忌み嫌っていた。その儀式とは、とてつもないパワーやエネルギー、永遠の若さが得られると称して行われる、赤ん坊を炎の中に投げ込んだり、切り裂いて血を飲んだり肉を食べたりする生け贄の儀式だった。
Urged by these surrounding peoples, the Russian Ruler knew he had to do something. 周囲の民族に促されて、ロシアの支配者は「何かしなければならない」と考えた。
In the year 600, he warned their King, Bulan, that thier Luciferian practices had to end. 600年、彼はカザール王であるブランに、ルシファー的な習慣を終わらせるべきだと警告した。
He told him they had to convert to either Judaism, Christianity, or Islam. そして、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教のいずれかに改宗しなければならないと言った。
The choice was his. 選択肢はブランにあった。
Bulan chose Judaism, but he did not really convert. ブランはユダヤ教を選んだが、実際に改宗したわけではなかった。
He merely took elements from Judaism and forged them into his own Luciferian belief. 彼はユダヤ教の要素を取り入れて、自分のルシファー信仰に鍛え上げただけだった。
King Bulan and his people lived on and prospered. ブラン王と彼の人々は生き続け、繁栄していった。
Nothing much had changed except for the fact that for outsiders, they now called themselves Judeans, which they were not. 外部の人間が自分たちのことをユダ人と呼ぶようになったこと以外は、何も変わっていなかった。
Mind you, the name Jew wasn't invented until the 18 th century. ちなみに、ユダヤ人という名前が生まれたのは18世紀になってからである。
Four centuries went by. 4世紀が過ぎた。
In 965 AD, the Russian Ruler, Grand Prince of Kiev, Sviatoslav as the first, some may have gone too far with that continue devil worshipping and child sacrifice, he decided to wipe them out. 西暦965年、ロシアの支配者であるキエフの大公、スヴャトスラフは、悪魔崇拝や子供の生け贄を続けることに行き過ぎた輩もいたかもしれず、彼らを一掃することを決めた。
But the Khazars had their spies everywhere, and the Russian cunning plan was brought to the ears of the Khazarian King, who just in time fled the country with his 25 wives and 60 concubines, all of the nobility plus an enormous amount of gold and silver. しかし、カザール人はいたるところにスパイを配置しており、ロシアの狡猾な計画はカザール王の耳にも入り、カザール王は25人の妻と60人の妾、すべての貴族と膨大な量の金銀を持って、間一髪で国外に逃亡した。
The entire exodus of royalty and nobility went via Hungary to Poland, then from Germany southward to France and Spain. 王族と貴族の大移動は、ハンガリーを経由してポーランドへ、そしてドイツから南下してフランスやスペインへと続いた。
Everywhere they went, some were left behind. 彼らが行く先々で、取り残された者がいた。
In order to reveal their true identity, they call themselves Ashkenazi Judeans, knowing very well that their new home countries would not exactly be eagerly awaiting Luciferian Khazars. 彼らは自分のアイデンティティを明らかにするため、自分たちのことをアシュケナージ・ユダ人と呼んでいるが、彼らの新しい祖国がルシフェリアンのカザール人を待ち望んでいるわけではないことをよく知っていた。
Ashkenaz by the way, was the name of a region they inhibited during their migration from Sumer to Babylonia to the Caucasus. ちなみにアシュケナズとは、彼らがシュメール→バビロニア→コーカサスと移動する際に行く手を阻んだ地域の名前である。
Like all regions at that time, this one, too, was called after the descendants of Noah, Ashkenaz, being a grandson of Jafeth and greatgrandson of Noah. 当時の他の地域と同様に、この地域もノアの子孫にちなんで呼ばれており、アシュケナズはヤフェトの孫、ノアの曾孫にあたる。
Now, don't worry. You don't have to remember any of this. ここでは気にしなくていい。これらの系譜を覚えなくてもかまわない。
We just need to tell you from a historical point of view. ただ、歴史的な観点からお伝えしたいことがある。
It does explain a lot, though, as Jafeth, son of Noah, had two grandsons, Ashkenaz and Togarma, who became arch enemies, according to Banc literature. バンクの文献によると、ノアの息子ヤフェトには、アシュケナズとトガルマという2人の孫がいて、彼らは宿敵になったという。
Now the people we are dealing with here, descended from Togarma. 今、ここで扱っている人々は、トガルマの子孫だ。
Yet they adopted the name of their arch enemy Ashkenaz. しかし、彼らは宿敵アシュケナズの名前を採用した。
Why? We will soon find out. Just remember this. It was all by design. なぜか? それはすぐにわかるだろう。ただ、これだけは覚えておこう。すべては意図的に行われたことなのだ。
The Ashkenazi settled in their new homelands and swore to rebuild their Empire. アシュケナージは新しい祖国に定住し、帝国の再興を誓った。
In no time they built up an empire of wells and influence. 彼らはあっという間に、井泉と影響力を持つ帝国を築き上げた。
After all, they were the royalty and ability of the ancient bloodlines of Sumer and Babylonia. 何しろ彼らは、シュメールやバビロニアの古代血統の王族であり、能力者だったのだから。
They have the startup capital, so to speak. いわば、スタートアップ資金を持っていたといえる。
They swore to take revenge on Russia, the country they had been expelled from. 彼らは自分たちを追放したロシアに復讐することを誓った。
Their revenge also stretched out to the Jews, as in the original people from Judea. 彼らの復讐はユダヤ人にも及んだ。ユダヤの原住民のことである。
Why? Because back in the time of Princess Jezebel, during a situation in which two deities were challenged, they chose Yahweh over Baal. なぜか? なぜならイゼベル王女の時代、二つの神々が争っている状況の中で、ユダヤ人がバアルではなくヤハウェを選んだからだ。
That was their death sentence, as the Khazarian as Ashkenazi would never forget nor forgive. それは、アシュケナージとしてのカザール人が決して忘れることも許すこともない、彼らの死刑宣告だった。
Within a few years after they had settled in Europe, they formed an absolute master plan. 彼らはヨーロッパに定住してから数年後には、絶対的な基本計画を形成していた。
A plan so big, so intelligent and so evil. 巨大で知的、そしてあまりにも邪悪な計画だった。
It would change the fate of the world forever. それは、世界の運命を永遠に変えることになる。
One of the Khazarian families that had joined the exodus from Khazaria was the Rothsctuld family. カザリアからの脱出に加わっていたカザール人の家族の一つに、ロスシュタルド家があった。
That's right, the Rothchild I talked about in part 2 of my previous series. そう、前回の連載の第2回でお話ししたロスチャイルドだ。
They settled in Frankfurt, Germany, where they became wealthy and powerful through trade and banking. 彼らはドイツのフランクフルトに定住し、貿易や銀行業で富と権力を手に入れた。
They called Southern Germany Ashkenazi as a tribute to their ancestry. 自分たちの祖先に敬意を表して南ドイツをアシュケナージと呼んだ。
They offered notes to travelers who left behind their gold and silver safely stored in the vaults of the Rothsctuld banknotes against deposits. 彼らは、安全保管のためロスシュタルド銀行の金庫に金銀を預けた旅行者に、預け入れに対する紙幣を提供した。
This way, they collected an unprecedented amount of riches, that combined with the interest they received, were further used to extend their wealth and thus their power. このようにして、空前の富を集め、それに利子を加えてさらに富を拡大し、権力を拡大していった。
Mayer Amschel Rothsctuld had five sons. メイヤー・アムシェル・ロスシュタルドには5人の息子がいた。
He became powerful bankers in 5 large cities, Frankfurt, London, Paris, Vienna and Naples. 彼はフランクフルト、ロンドン、パリ、ウィーン、ナポリという5つの大都市で有力な銀行家となった。
In no time they gained financial power over all of Europe. 彼らはあっという間にヨーロッパ全体の経済力を手に入れた。
They became the personal bankers of Kings and Queens. 彼らは王や女王の個人的な銀行家となった。
They even became the treasurers of the Vatican. バチカンの財務担当にまでなった。
Before we continue with an event in the 18th century that has been deliberately erased from our history books, we have to pause this storyline and go back to the early Middle Ages for a second storyline. 歴史書から意図的に消された18世紀の出来事を続ける前に、この話を一旦中断し、中世初期に戻って二つ目の話を展開しなければならない。
The two will meet during this 18th century event, and when they do, things will fall into place. I promise. 二つの話はこの18世紀のイベントで合流することになるが、それなれば辻褄が合うだろう。約束する。
We'll start in the age of the Crusades. まずは、十字軍の時代から始めよう。
In 1048 AD, an organization was founded that we refer to as the Order of Malta. 西暦1048年、マルタ騎士団と呼ばれる組織が設立された。
They were founded in Jerusalem. 彼らはエルサレムで設立された。
Their goal was dual. 彼らの目標は二つ。
One arm of the order ran a hospital in the Holy Land to tend to Christian pilgrims. 騎士団の一つの組織は、聖地で病院を運営し、キリスト教の巡礼者を治療した。
The other arm was military task by Rome to protect Christians against the local Muslim population. もう一つの組織は、ローマがキリスト教徒を現地のイスラム教徒から守るために課した軍事的任務に就いていた。
Their symbol, the equal armed multi cross. 彼らのシンボルは、等腕十字の印だった。
During the first 50 years of their existence, Jerusalem was Muslim territory. 最初の50年間、エルサレムはイスラム教徒の領土だった。
The amount of Christian pilgrims who went to Jerusalem was limited even by Islamic law. エルサレムに行くキリスト教の巡礼者は、イスラム教の法律でも制限されていた。
In 1096 AD, the first of 9 Wars broke out. 西暦1096年、9つの戦争のうちの最初の戦争が勃発した。
It became known as the First Crusade. これが「第一次十字軍」と呼ばれるようになった。
The Crusades were religious wars initiated and supported by the Roman Catholic Church. 十字軍は、ローマ・カトリック教会が主導・支援した宗教戦争である。
The goal was to recover the Holy Land from Islamic rule. その目的は、イスラムの支配から聖地を取り戻すことだった。
Three years after the Crusaders had left for the Holy Land, this goal was achieved. 十字軍が聖地に向かって出発してから3年後、この目標は達成された。
Godfrey De Bouillon and his brother Baldwin, leaders of the First Crusade, became rulers of Jerusalem. 第一回十字軍のリーダーであるゴッドフリー・デ・ブイヨンとその弟のボールドウィンがエルサレムの支配者となる。
The Crusades may have been romanticized in literature, in movies, but the truth is, they were insane Religious Wars, focused on nothing but death, destruction, and forced conversion. 十字軍は、文学や映画ではロマンチックに描かれているかもしれないが、実際には、死と破壊と改宗の強制以外の何ものでもない、狂気の宗教戦争だった。
An estimate of nearly 2,000,000 people died. 推定で200万人近くの人が亡くなった。
In 1118, a French Knight by the name of Hugues de Payens founded a military order, together with 8 relatives and friends. 1118年、フランスの騎士ユーグ・ド・パイエンスは、8つの親族や友人とともに軍団を設立した。
They call the order The Poor Knights of the Temple of King Solomon, Later known as the Knights Templar. 彼らは「ソロモン王宮の貧しき騎士団」と呼ばれ、後にテンプル騎士団として知られるようになる。
This order sprang forth from a secret society called the Prieuré de Sion. この教団は、「シオン修道会」という秘密結社から生まれた。
The priory of Sion, an order that, by the way, is still alive and active today. ところで、シオン修道会は、現在も生きて活動している。
With the support of the King of Jerusalem, the Knights Templar set up headquarters on the sacred Temple Mount. テンプル騎士団は、エルサレム国王の支援を得て、聖地である神殿山に本部を構えた。
Their official goal was to protect pilgrims on their way from Europe to Jerusalem. 彼らの目的は、ヨーロッパからエルサレムに向かう巡礼者を守ることだった。
In and of itself, this is fascinating. それだけでも興味をそそられる。
9 knights were officially appointed to protect Christian pilgrims over a distance of 4 to 5,000 kilometers. 9人の騎士が正式に任命され、4〜5,000kmの距離を移動するキリスト教の巡礼者を守った。
God only knows how they did it. どうやったのかは神のみぞ知る。
The not so official goal was to rebuild the Temple of Solomon that have been destroyed in 586 BC by the King of Babylon. Never get another. 正式な目的は、紀元前586年にバビロン王によって破壊されたソロモン神殿を再建することであった。もう二度と手に入れることはできない。
Why this was so important to them? We will show later on. なぜそれが彼らにとって重要だったのか。それは後ほどご紹介しよう。
In 1129, the Order of the Knights Templar received the official support of the Roman Catholic Church. 1129年、テンプル騎士団はローマ・カトリック教会の正式な支援を受けた。
The Order grew abundantly, and donations came pouring in from all over Europe. 教団は豊かに成長し、ヨーロッパ中から寄付金が寄せられるようになった。
The Knights adopted a code of conduct in which they throw unfailing obedience to the master. 騎士たちは、マスターへの揺るぎない従順さを求める行動規範を採用した。
According to researchers, the principle of obedience made the Knight Templar lethal. 研究者によると、テンプル騎士団は服従の原則によって殺人的になったという。
They acted swiftly and with certainty to do as they had been commanded. 彼らは、命令されたことを確実に実行するために、迅速に行動した。
A force of Templar became an extension of the will of its commander, the Grand Master. テンプル騎士団の部隊は、その指揮者であるグランド・マスターの意志の延長となった。
At the height of their power, the Order of the Knights Templar, comprised of almost 20,000 members. 最盛期のテンプル騎士団は、約2万人の団員で構成されていた。
Only 10% were armed Knights. 武装した騎士はわずか10%だった。
The other 90% took care of infrastructure and logistics. 残りの90%は、インフラやロジスティックスを担当した。
Even though the Knights had sworn to a life of poverty, the Order was excessively rich, owning large plots of lands, farms, vineyards, mills, horses, arms, equipment, the Island of Cyprus and an impressive fleet of ships. 騎士団は清貧を誓っていたにもかかわらず、大規模な土地、農場、ブドウ畑、製粉所、馬、武器、装備、キプロス島、そして目を見張るような船団を所有しており、非常に裕福だった。
All the way from Europe to Jerusalem, in every city, their monasteries, castles, churches, universities. ヨーロッパからエルサレムまで、すべての都市、彼らの修道院、城、教会、大学。
They were so powerful they did not need to obey local laws. 彼らは、地元の法律に従う必要がないほどの力を持っていた。
They could pass freely across all borders. すべての国境を自由に通過することができた。
They didn't have to pay taxes, and they were exempt from all authority except that of the Pope. 彼らは税金を払う必要がなく、教皇以外のすべての権力から免除されていた。
Furthermore, everything they took from the Muslim population that they subjugated and murdered on their way was given to the Order. さらに、彼らが途中で服従させ、殺害したイスラム教徒から奪ったものはすべて教団に与えられた。
Do they have these privileges in writing? Oh, Yes. このような特典は書面でもあるのだろうか? もちろんだ。
Pope Innocentivs II took care of everything by signing the Papal Bull, Omne Datum Optimum in 1139. 1139年には、教皇インノチフス2世が「Omne Datum Optimum」というローマ法王の勅書に署名して、すべてを解決した。
All the Order had to do was swear obedience and allegiance to the Pope. 教団は、教皇への服従と忠誠を誓うだけでよかった。
There was one area, though, in which the Templars truly excelled. しかし、テンプル騎士団が最も得意とする分野があった。
Banking. They had a network of banks in many countries that enable pilgrims to deposit assets in their home countries and withdraw funds in the Holy Land. それは銀行業である。巡礼者が自国で資産を預け、聖地で資金を引き出すことができるように、各国に銀行のネットワークを構築していた。
By the 13th century, the Templars have become such competent and trusted bankers that European Kings and nobles who embarked on Crusades to the Holy Land often forwarded large cash sums to the Templars that could be respawned later so they could pay their armies. 13世紀になると、テンプル騎士団は有能で信頼のおける銀行家となり、聖地への十字軍遠征に出かけたヨーロッパの王や貴族たちは、多額の現金をテンプル騎士団に預け、後で払い戻して軍隊に支払うことができるようになっていた。
The Templars even gave out loans to rulers. テンプル騎士団は、支配者に貸付をすることもあった。
They excelled in everything they did for which they were overloaded with donation, gifts, fame, and fortune. 彼らは、寄付金、贈り物、名声、富を過剰に得たために、すべてのことに優れていた。
However, in the early 14th century, the Knights Templar met their final destiny, King Philip IV of France, this man was heavily indebted by the Order. しかし、14世紀初頭、テンプル騎士団はフランス王フィリップ4世という最後の運命を迎えた。この人物は騎士団に多額の負債があった。
When he asked for even more loans, the Order refused. 王がさらに融資を求めた時、教団は拒否した。
King Philip decided it was time for the Knights Templar to meet the maker. フィリップ王は、テンプル騎士団が創造主と出会う時が来たと考えた。
On Friday the 13th of October, 1307, a multitude of knights were arrested, including the Grand Master Jacques de Molay. 1307年10月13日の金曜日、グランドマスターのジャック・ド・モレーを含む多数の騎士たちが逮捕された。
After years of imprisonment, he and many others were burned at the stake. 何年も投獄された後、彼をはじめとする多くの人々は火あぶりにされた。
Medieval documents stated that Molay called out curse over the King and the Pope, Clement V, who had failed to protect them against the wrath of the King, and who had even his solider through his Papal Bull Vox In Excelso. 中世の文献によると、モレーはフィリップ王と教皇クレメンス5世に呪いの言葉を投げかけたという。教皇は勅書「Vox in excelso」を通して王の怒りからモレーやその兵士たちを守ることに失敗したのだ。
Although the Pope dissolved the Order, he did not formally condemn it, which would have been normal in those days. 教皇は教団を解散させたが、当時としては当たり前のことだが、正式に非難することはなかった。
One month later, Pope Clement died. その1ヵ月後、教皇クレメンスは亡くなった。
Eight months later, King Philip died. 8ヶ月後にはフィリップ王が亡くなった。
Ironically, the Pope's body was burned to ashes by a fire that was caused by lightning that struck the Church where he was lying in state. 皮肉なことに、教皇の遺体は、安置されていた教会に落ちた雷による火災で灰燼に帰したのだった。
The King died of a stroke he suffered during a hunt. 王は狩りの最中に起こした脳卒中が原因で亡くなった。
But contrary to what our history teachers have told us, the Order of the Knights Templar did not end here. しかし、歴史の授業で言われていることとは逆に、テンプル騎士団はここで終わりではなかった。
New Orders were founded with new names that were basically the continuation of the Knights Templar. テンプル騎士団の流れを汲む、新しい名前の騎士団が設立された。
Think military Order of Christ, Portugal, Supreme Order of Christ in Italy and so on and so forth. ポルトガルにおけるキリスト軍事騎士団、イタリアのキリスト最高騎士団などを考えてみよ。
In every European country, The Knights Templar simply lived on the way they had, as if nothing much had changed. ヨーロッパのどの国でも、テンプル騎士団は何も変わっていないかのように、今まで通りの生活をしていた。
Only the Order names had. 騎士団の名前が変わっただけだ。
The Order of the Rosicrucians appeared founded by Christian Rosenkreutz, a German aristocrat. 薔薇十字団は、ドイツの貴族であるクリスチャン・ローゼンクロイツによって設立された。
Was it connected to the Knights Templar? Absolutely. テンプル騎士団と関係があるのか? もちろん。
The sign of the equal armed Cross of the Knights Templar was combined with a rose. テンプル騎士団の等腕十字の印とバラを組み合わせたものだ。
It can be found in medieval churches across France, Spain, and Portugal. それは、フランス、スペイン、ポルトガルの中世の教会で見られる。
Yet another secret order was founded in 1534. さらに1534年には別の秘密結社が設立された。
2 centuries, 2 decades and 2 years after the official dissolution of the Order of the Knights Templar, the Jesuit Order. テンプル騎士団が正式に解散してから2世紀、20年、2年後。イエズス会である。
The Jesuit Order was a Catholic religious Order founded in Paris. イエズス会は、パリで設立されたカトリックの修道会だ。
Make no mistake though, the Jesuit Order was not an Order of five monks worshipping Jesus from within the walls of their save monasteries. しかし、忘れてはならないのは、イエズス会は、5人の修道士がそれぞれの修道院の壁の中でイエスを崇拝するような修道会ではなかったことだ。
It was a military Order of extremists who had sworn an oath of absolute submission and obedience to the Pope and to their superior general. それは、教皇と上官に絶対服従と服従の誓いを立てた過激派の軍団であった。
Let's have a look at their initiation oath. 彼らの入信誓約書を見てみよう。
"I declare that I have no opinion or will of myself, but without hesitation, I will obey every command I receive my superiors in the Pope's and Jesus Christ's Militia." "I promise further and declare that when the opportunity arises, I will conduct a ruthless war, secretly or publicly, against all heretics. 「私は自分の意見や意志を持たないことを宣言します。教皇とイエス・キリスト義勇兵上官から受けた命令には、躊躇なく従います。」「私はさらに約束し宣言します。機会があれば、すべての異端者に対して、密かに、あるいは公然と、無慈悲な戦争を行います。
Protestants and Liberals, as I aminstructed to do, to exterminate and destroy them of thewhole Earth. プロテスタントとリベラルは、私が命じられているように、地球上から駆逐して滅ぼします。
And that I will not spare age, sex or class. そして、年齢、性別、階級を容赦しません。
And that I will hang up, burn, boil, cook, peel, strangle, and bury these shameful heretics, rip the stomachs and wombs oftheir wives, and crush the heads of their children against the wall, for the purpose to destroy their horrible race forever." "If this cannot be done openly, I will secretly administer the cup with poison, the strangling rope, the steel of the dagger or the leaden bullet regardless of the honour, rank, dignity or authority of the person or persons. そして、これらの恥ずべき異端者を吊るし、焼き、煮、料理し、皮を剥ぎ、絞め殺し、埋葬し、彼らの妻の胃と子宮を引き裂き、彼らの子供の頭を壁に押し付け、彼らの恐ろしい種族を永遠に滅ぼします。」「これが公然とできない場合は、人の名誉、地位、尊厳、権威にかかわらず、毒の入った杯、絞め殺しの縄、鋼の短剣、鉛の弾丸で密かに処理します。
As I will, at any time, be instructed by an agent of the Pope or superior of the brotherhood of the Holy Faith, of the Order of Jesuits." "In confirmation of which, I hereby dedicate my life, my soul and all my corporal powers, and with this dagger which I now receive, I will subscribe my name written in my own blood, in testimony thereof, and should I prove false or weaken in my determination, may my brethren and fellowsoldiers of the Militia of the Pope cut off my hands and myfeet, and my throat from ear to ear, my belly opened and sulphur burned therein, with all the punishment that can be inflicted upon me on earth and my soul be tortured by demons in an eternal hell forever!". 私はいつでも、教皇の代理人またはイエズス会の聖教兄弟団の上官から指導を受けることができます。」「それを確認するために、私はここに私の命、魂、そしてすべての肉体的な力を捧げます。そして、今私が受け取るこの短剣で、私自身の血で書かれた私の名前を署名し、その証とします。私が偽りであることが証明されたり、私の決意が弱まったりした場合には、教皇の民兵である私の兄弟や仲間たちが、私の両手と両足を切断し、喉を耳から耳へと切り裂き、腹を開いてそこで硫黄を燃やし、地上で私に与えられるすべての罰を与え、私の魂が永遠の地獄で悪魔に拷問されますように!」
Hmm, not exactly what you would expect from an Order of Jesus, right? Mind you, when we refer to the Jesuit Order in relationship to the Cabal, we are not talking about the lower segments of the Order. ふむ。イエズス会ときいて予想することとはちょっと違うでしょう? 注意していただきたいのは、カバルとの関係でイエズス会に言及するとき、それは会の下部組織のことではないということだ。
I personally know of Jesuit priests who are wonderful human beings and have brought a lot of beauty and wisdom into this world. 私は個人的に、素晴らしい人間性を持ち、この世界に多くの美と知恵をもたらしたイエズス会の司祭を知っている。
What we're referring to here is the top of the pyramid, the absolute leader of the Order. Better known that's the Jesuit Council. ここで言っているのは、ピラミッドの頂点、教団の絶対的なリーダーのことである。よく知られているのは、イエズス会の評議会だ。
Documents from the Golden Age show us such a Jesuit Order grew into an extremely powerful group of men. そんなイエズス会の教団が、非常に強力な集団に成長していったことが、黄金時代の資料からわかる。
Their influence went far beyond the religious world. その影響力は、宗教の世界を超えていた。
It stretched all the way into the secular. それは、世俗的なものにまで及んだ。
They infiltrated the old masonic lodges, the masons were skilled tradesmen in the construction trade. 彼らは旧来のメイソン・ロッジに潜入した。メイソンは建設業の熟練工だった。
They worked with their hands. They worked hard physical Labor. 彼らは手を使って働いた。ハードな肉体労働をしていた。
The infiltrated Jesuit were allowed to join because of their contributions in the area of architecture, science, and arts. They were called the Free and accepted Masons, hence the name Freemasons. 潜入したイエズス会は、建築、科学、芸術の分野で貢献していたため、入会を許された。彼らはフリー・アンド・アクセプタブル・メイソンと呼ばれ、それがフリーメイソンという名前の由来となっている。
The Freemasons were wealthy men with a special knowledge of architecture. フリーメイソンは、建築に特別な知識を持つ裕福な人々だった。
It is known that they were especially interested in the Temple of Solomon, just like the Knights Templar. 彼らはテンプル騎士団と同様、ソロモン神殿に特に関心を持っていたことが知られている。
Furthermore, they were focused on the preservation of esoteric knowledge. さらに、彼らは密教的な知識の保存にも力を入れていた。
For instance, about the Cabala. 例えば、カバラについてである。
The fascination with the Temple of Solomon is not the only link between the Freemasons and the Knights Templar. フリーメイソンとテンプル騎士団のつながりは、ソロモン神殿への憧憬だけではない。
Even today, the York Rite administers 3 Orders of Masonry, one of which is the Knights Templar. 現在でも、ヨーク・ライトは3つのメイソンリー教団を管理しており、その1つがテンプル騎士団である。
The Knights Templar of the York Rite is a military branch of the Freemasons, just like the medieval Order of the Knights Templar, they both up the symbol of the equal armed Red Cross. ヨーク・ライトのテンプル騎士団はフリーメイソンの軍事部門で、中世のテンプル騎士団と同じように、どちらも等しく武装した赤十字のシンボルを掲げている。
So in short, the Freemasons were a highly secretive group of powerful Jesuit who had infiltrated the countless Masonic lodges across the world. つまり、フリーメイソンとは、世界中に無数にあるメーソン・ロッジに潜入していた、強力なイエズス会の極秘集団だったのである。
They founded their own umbrella Lodge in 1717, the Premier Grand Lodge of England. 彼らは1717年に独自の「アンブレラ・ロッジ」「プレミア・グランド・ロッジ・オブ・イングランド」を設立した。
And that would turn out to be their salvation. What happened? The Jesuits had become way too powerful to the liking of 80 heads of state worldwide who obviously felt threatened by the powerful Order. そして、それが彼らの救済になった。何が起こったのか? イエズス会はあまりにも強大な力を持つようになり、世界中の80人の国家元首は、明らかにその強力な教団に脅威を感じていた。
They banned the Order and put pressure on the Pope Clement XIV to do the same. 彼らは教団を禁止し、教皇クレメンス14世にも同様の圧力をかけた。
In 1773, the Pope to come to their demand, he promulgated the Dominus Ac Redemptor, the Bull of Extinction. 1773年、彼らの要求に応えたローマ教皇は、「Dominus Ac Redemptor」(絶滅の勅書)を公布した。
That put an end to the Jesuit Order. これにより、イエズス会は終焉を迎えた。
It seems, indeed, history repeated itself. まさに歴史は繰り返されたのである。
But guess what? It didn't end there, just like the Knights Templar before them. しかし、何が起こったか? テンプル騎士団のように、それだけでは終わらなかった。
They continued using another name, in this case, the Freemasons. 彼らは別の名前、つまりフリーメイソンを使い続けたのである。
One year after its betrayal of the Jesuits, Pope Clement was murdered by poisoning, just like the Luciferian Casas. そのイエズス会への裏切りの1年後、教皇クレメンスはルシフェールのカサスと同じように毒殺された。
The Jesuits two and the predecessors, like the Knights Templar, had a taste for revenge. イエズス会士の2人とその前任者は、テンプル騎士団のように、復讐の嗜好を持っていた。
Now we promised that our 2 storylines would come together at an historical event that would massively impact the world. さて、約束の通り、2つのストーリーは、世界に大きな影響を与える歴史的なイベントで一緒になる。
We have finally reached that point. ついにその時が来た。
Do you want to know what happened? Follow me to part 2. 何が起こったのか知りたいですか? パート2に続きます。


関連記事