続・カバルの崩壊 Part 4 - シオンの議定書

THE SEQUEL TO THE FALL OF THE CABAL - PART 4 - The Protocols of Zion

BIT CHUTE THE SEQUEL TO THE FALL OF THE CABAL - PART 4, 2020/11/14より。

ハイライト:

  • 「シオンの議定書」は、若干の改変はされているが、デマではない。

  • 私たちは「シオンの議定書」は非常に古いものだと考えている。

  • シオンの長老たちは、「24の議定書」の中で、自分たちの世界観、人口、そして究極の目標である絶対的な世界支配と一世界政府、すなわち彼らの王、王の中の王者がシオンの石の上で戴冠し、永遠に世界を支配するという新世界秩序について述べている。

  • 「シオンの議定書」は、ほぼ現在の世界の姿を描いている。

  • 彼らの最終目標に程遠いと言えるのだろうか?

THE SEQUEL TO THE FALL OF THE CABAL - PART 4 - The Protocols of Zion

In the previous parts, we saw how - throughout the ages - the Cabal created wars to destabilize countries, divide people, and seize control…

前章では、カバルが時代を超えて、国を不安定にし、人々を分断し、支配権を握るために戦争を起こしたことを見てきました…。



The Protocols of Zion dismissed as a hoax. 「シオンの議定書」はデマだと否定された。
But we can assure you, after months of indepth research, that they are not. しかし、数ヶ月にわたる綿密な調査の結果、そうではないと断言できる。
They were slightly altered, yes, but they are not a hoax. 確かに若干の改変はされているが、デマではない。
In 24 Protocols, the Elders of Zion describe their vision of the world, its population, and their ultimate goal, absolute world dominance and a one world government, a new world order in which their King, the King of Kings, will be crowned on the stone of Zion to rule the world forever more. シオンの長老たちは、「24の議定書」の中で、自分たちの世界観、人口、そして究極の目標である絶対的な世界支配と一世界政府、すなわち彼らの王、王の中の王者がシオンの石の上で戴冠し、永遠に世界を支配するという新世界秩序について述べている。
Some people believe the Protocols were copied from a 19th century book, the Dialogue in Hell between Machiavelli and Montesquieu by Maurice Joly, in which Napoleon was ordered to Jew and France was ordered to the world. 議定書は、19世紀に出版されたモーリス・ジョリーの『マキャベリとモンテスキューの地獄の対話』からコピーされたという説がある。その中に、ナポレオンはユダヤ人に、フランスは世界に命じられたとある。
Others believe the Protocols of Zion were copied from Machiavelli, Montesquieu, and Rousseau written by Jacob Venedey. また、「シオンの議定書」は、ジェイコブ・ベネディが書いたマキャベリ、モンテスキュー、ルソーからコピーしたものだという説もある。
Then there was the theory of our friend Barruel. Remember him? He believes that the original culprits were not the Jews nor Napoleon, but the Masons. そして、我らが友人、バルエルの理論があった。彼を覚えているだろうか? 彼は、元々の書き手はユダヤ人でもナポレオンでもなく、メイソンだと考えている。
Barruel wrote a series of four books about the French Revolution in which he presented evidence of the involvement of secret societies. バルエルは、フランス革命について4冊の本を書き、その中で秘密結社の関与の証拠を示した。
So that's yet another theory. それはまた別の説である。
And then there was a court case in which the judge ruled the Protocols of Zion a forgery. そして、「シオンの議定書」を偽書と判断した裁判があった。
Like we said, we studied the Protocols of Zion for months. 先程言ったように、私たちは「シオンの議定書」を何ヶ月も研究した。
We compare them with the original French version of Dialogue in Hell between Machiavelli and Montesquieu by Joly. 議定書とジョリー著『マキアヴェリとモンテスキューの地獄の対話』のオリジナルのフランス語版とを比較する。
And Yes, we did indeed find a lot of similarities. そう、確かに多くの共通点が見つかる。
Some parts were even identical. 同じ記述の部分もあった。
Does that mean the Protocols were copied? Stolen, if you like, from Joly's work? No, not necessarily. それは議定書がコピーされたということだろうか? ジョリーの作品から盗まれたとでもいうのだろうか? いや、そうとは限らない。
It only means they are connected. 繋がっているということでしかない。
It only means the Protocols were not new, when they were published in Russia in 1905. 1905年にロシアで出版された時点では、議定書は新しいものではなかったということだ。
There were not the minutes of a recent meeting between Zionists as disclaimed. シオニストの間で最近行われた会合の議事録は、宣言されたものではなかった。
But apart from that, one cannot draw any other conclusion. しかし、それ以外の結論は出せない。
It would be a literary blunder to simply state that the Protocols of Zion were based on the work of Maurice Joly or Venedey, or any other 19th century author. 「シオンの議定書」がモーリス・ジョリーやヴェネディなどの19世紀の作家の作品に基づいていると単純に述べるのは、文学的な誤りである。
As a linguist with a degree in paleography, the study of ancient documents, I can assure you that most statements about the Protocols of Zion are incorrect, like the verdict of the court case, which was based on a highly unprofessional approach of the matter. 古文書学の学位を持つ言語学者として、私は「シオンの議定書」に関するほとんどの記述が間違っていると断言できる。今回の裁判の判決のように、非常に専門性に欠けるアプローチに基づいている。
The problem with the Protocols of Zion is that they are surrounded by emotions. 「シオンの議定書」の問題点は、感情に包まれていることだ。
The people who study them are confronted with their own belief system. それを研究する人は、自分の信念体系と向き合うことになる。
Meaning, if you blame the Jews of the wrongs in the world, you will tend to believe the Protocols of Genuine. その意味は、世界の悪事をユダヤ人のせいにすれば、議定書は本物と信じる傾向があるということだ。
You will use the Protocols as proof of the evil of the Jewish people. ユダヤ人の悪事の証拠として議定書を利用するだろう。
However, if you are Jewish or if you lost your Jewish friends in the war, you will tend to believe the Protocols are a fraud made only in Russia in 1905 to make the Jewish people look really, really bad. しかし、あなたがユダヤ人であったり、戦争でユダヤ人の友を失っていたりすると、「議定書」は1905年にロシアだけで作られた、ユダヤ人を本当に悪く見せるための詐欺だと信じてしまいがちになるだろう。
We believe the Protocols of Zion to be very old. 私たちは「シオンの議定書」は非常に古いものだと考えている。
It seems to us that they were the source text from which the other books arose, not the other way round. それは、他の書物が生まれた元のテキストであって、その逆ではないと思われる。
Remember Adam Weishaupt, founder of the Order of the Illuminati? In 1776, he put together a document that gave a clear overview of the aims, convictions, and protocols of the Illuminati or the Cabal, the Dos and the Donts. イルミナティの創始者であるアダム・ヴァイスハウプトを覚えているだろうか。1776年、彼はイルミナティやカバルの目的、信念、プロトコル、「すべきこと」と「してはいけないこと」を明確に示した文書をまとめた。
That was his assignment as given to him by Rothschild. それがロスチャイルドから与えられた彼の任務だった。
Did he put those protocols together from scratch? We think that's highly unlikely. それらのプロトコルを一から作り上げたのだろうか? その可能性は極めて低いと考えられる。
What if the original protocols were given to him by Rothschild? Remember the Constantinople letter given to Adam Weishaupt by Rothschild? Make no mistake, the Rothschild family was incredibly powerful. オリジナルのプロトコルがロスチャイルドから渡されたものだとしたら? ロスチャイルドからアダム・ヴァイスハウプトに渡されたコンスタンティノープルの手紙を覚えているだろうか? 間違いなく、ロスチャイルド家は信じられないほどの力を持っていた。
There were direct descendants from the Kazarian ability that had fled Russia in around 1080. 1080年頃にロシアから逃れてきたカザリア系の直系の子孫がいた。
You bet they had many original documents and protocols in that possession. その財産の中には、オリジナルの文書やプロトコルがたくさんあったに違いない。
Could those protocols be the original source text for the 20th century Protocols of Zion as published in Russia? If that is the case, you can rest assured that Khazar was ordered in Jew, Khazarian in Jewish, etc. それらの議定書は、20世紀にロシアで出版された「シオンの議定書」の原文になっているのではないか? もしそうだとしたら、原文がカザール人・カザリア的となっていたものをユダヤ人・ユダヤ的に置き換えるのも可能だ。
The perfect text that would come in very handy as a trigger for antisemitism in the Russian Revolution and both world Wars to turn the Jews into the ultimate scape goats. ロシア革命や第二次世界大戦における反ユダヤ主義のきっかけとして、ユダヤ人を究極のスケープゴートにするために、非常に便利な完璧なテキストになる。
The more we studied this subject, the more we come to realize how the Jews are being used by the Khazars throughout the ages to receive the blame of everything. このテーマを研究すればするほど、ユダヤ人が時代を超えてカザール人に利用され、すべての責任を負わされていることがわかってきた。
Everything that went wrong, everything the high ranked Khazars did to suppress the people. うまくいかなかったこと、カザール上級者が民衆を弾圧するために行ったこと、すべてである。
Everything was blamed on the Jews. どれもがユダヤ人のせいにされた。
After all, for the outside world, Khazars were Jews, Remember? Ashkenazi, Nazi. 結局、表むきの世界では、カザール人はユダヤ人だったのだ。覚えているだろうか? アシュケナージ、ナチス。
Do you still believe that's a coincidence? So what exactly is in those protocols? Precisely what we see in our modern day world. まだそれが偶然だと信じる? では、そのプロトコルに一体何があるのか見てみよう。まさに、現代の世界で見られるものだ。
The protocols are a description of all the possible ways that Cabal used to control, manipulate, brainwash and dominate the Goyim, the ordinary people, the non Khazars. プロトコルとは、カバルが「ゴイム」つまりカザール人ではない一般の人々をコントロールし、操作し、洗脳し、支配するために使ったあらゆる方法の説明だ。
Here they come and you better hold on to your seat. いよいよ登場だ。しっかり席に着いた方がいい。
Mind you, we narrowed it down for you, as there are not only 24 protocols, but also 293 paragraphs. それから、24のプロトコルだけでなく293のパラグラフがあるので、絞り込んでお伝えすることを付け加えておく。
We filtered them all down to the most essential ones, and in some cases slightly altered the syntax of the sentences so that the old use of words became more understandable. 必要なものだけを抽出し、場合によっては古い言葉の使い方を理解しやすいように、文章の構文を少し変えたものもある。
Each paragraph number will be shown on screen, in case you wish to do your own research, which we highly recommend. 各段落の番号が画面に表示されるので、ご自身で調べたい方はぜひ利用してほしい。
We advise you to listen carefully. あなたが注意深く耳を傾けることをお勧めする。
This might be boring to some, but it's crucial information. これは退屈かもしれないが、非常に重要な情報である。
If you skip this part, you will not understand part 15, for instance. この部分を飛ばしてしまうと、例えばパート15を理解できなくなってしまうだろう。
And we can assure you, if you don't have the shivers from top to toe by the end of this part, you didn't fully get it. そして、このパートが終わるまでに、頭のてっぺんからつま先まで震えが止まらなければ、それはあなたが十分に理解していないと断言できる。
And we advise you to watch again. Here we go. そして、もう一度ご覧になることをお勧めする。では、始めよう。
#1 First of all, their disdain, their contempt is shocking. ①まず第一。彼らの軽蔑、侮蔑は衝撃的である。
The mob is savage and displays its savagery at every opportunity. 暴徒は野蛮で、あらゆる機会にその野蛮さを見せつける。
The moment the mob seizes freedom in its hands it turns to anarchy, which ts the highest degree of savagery. 暴徒が自由を手にした瞬間、それはアナーキーに変わり、最高度の野蛮を意味するものになる。
We are interested in killing out the Goyim. 我々はゴイムを殺したいと思っている。
Our power is in the chronic shortness of food and physical weakness of the worker, because that implies he is made the slave of our will. 労働者の慢性的な食糧不足や肉体的な弱さの中に、我々の力がある。なぜなら彼が我々の意志の奴隷にされていることを意味するからだ。
We shall move the mobs by want, envy, and hatred. 我々は欲望、妬み、憎しみで暴徒を動かす。
and with their hands we shall wipe out all those who hinder us on our way. そして、彼らの手を使って我々の行く手を阻む者を一掃する。
The Goyim are a flock of sheep, and we are their wolves. ゴイムは羊の群れであり、我々は彼らにとって狼である。
If we've been able to bring them to such a pitch of stupid blindness, is there not amazingly clear proof of the degree to which the mind of the Goyim is undeveloped in comparison with our mind? This is mainly which guarantees our success. 彼らをここまで愚かな盲目状態にすることができたのなら、ゴイムの心が我々のそれに比べてどれ程未発達であるか、驚くべき明確な証拠があるのではないか。これが主に成功を保証するものである。
#2 The presidents are mere puppets on their strings. ②大統領は操り人形に過ぎない。
We replaced the ruler of the Republic by a caricature of a government, by a President taken from the mob, from the midst of our puppet preachers, our slaves. 我々は共和国の統治者を、漫画のような政府、つまり暴徒、操り牧師、奴隷の中から選んだ大統領に置き換えた。
We shall arrange elections in favor of such presidents who have in their past some dark, undiscovered secret. 我々は、過去に何か暗い秘密を持っているような大統領に有利な選挙を行う。
This will make them trustworthy agents for the accomplishment of our plans. そうすれば、我々の計画を達成するための信頼できるエージェントになってくれるだろう。
Out of fear of exposure, and from the natural desire of everyone who has attained power, namely, the privileges advantages and honor connected with the office of President. その者は暴露を恐れ、権力を手にした者の自然な欲求、すなわち大統領の地位に付随する特権や名誉を得ることになる。
We shall take the right to propose new laws or make changes in existing laws. 我々は、新しい法律を提案したり、既存の法律を変更したりする権利を有する。
As the President is only a puppet in our hands. 大統領は我々の手の中にある操り人形に過ぎないのだから。
#3 Liberals and Masons are relentlessly used. ③リベラルとメイソンは絶え間なく利用される。
The part played by the Liberals, Utopian dreamers will be finally played out when our government is acknowledged. ユートピア的な夢想家であるリベラルが果たした役割は、我々の政府が認められたときにようやく果たされるだろう。
Till such time they will continue to do a good service. その時まで、彼らは都合が良いサービスを提供し続けるだろう。
Therefore, we shall continue to direct their minds to all sorts of vain conceptions of fantastic series, new and progressive. それゆえ我々は、彼らの心を、幻想的なシリーズや新しくて進歩的な、あらゆる種類の虚しい概念に向け続ける。
Until we come into our Kingdom, we shall create and multiply Masonic lodges in all the countries of the world, absorb into them all who are prominent in public activity. 我々が王国に入るまでは、世界中のあらゆる国にメーソンのロッジを作り、増やし、公の活動で著名な人間は全てその中に吸収していく。
For these lodges are our principal intelligence, office and means of influence. なぜなら、これらのロッジは我々の主要な情報源であり、事務所であり、影響力を行使する手段だからだ。
All these lodges we shall bring under one central administration known to us alone and to all of us, absolutely unknown, which will be composed of our learned elders. これらすべてのロッジを、我々だけが知っている一つの中央管理下に置く。我々全員が知るところの、学識ある長老たちによって構成された絶対に知られていない中央である。
The most secret political plots will be known to us and fall under our guiding hands on the very day of their conception. 最も秘密の政治的な陰謀は、その構想が生まれるその日に我々に知らされ、我々の指導の下に置かれるだろう。
Among the members of these lodges will be almost all the agents of international and national police, since their service is irreplaceable to us, as they have their own measures with the insubordinate. これらのロッジのメンバーの中には、ほとんどすべての国際警察やそのエージェントが含まれている。彼らのサービスは我々にとって不可欠であり、彼らは反抗的な者に対する独自の対策を持っているからである。
The class of people who willingly enter into secret societies, of those who live by their reason career is mostly light minded people with whom we shall have no difficulty in dealing and in using. 進んで秘密結社に入る者や理性のキャリアで生きる者たちは、ほとんどが心の軽い人物であり、我々が取引したり利用したりするのに苦労はないだろう。
But if there should arise in its midst a plot, then at the head of that plot will be no other than one of our most trusted servants. しかし、もしもその中で陰謀が起こるとすれば、その陰謀の先頭に立つのは、我々が最も信頼する召使いの一人に他ならないだろう。
The Goyim enter the lodges out of curiosity or in the hope to get a nibble at the public pie and some of them in order to obtain a hearing before the public for their impracticable and groundless fantasies. ゴイムは興味本位でロッジに入る。あるいは公共のパイのおこぼれにあずかりたい者もいる。中には非現実的な根拠のない空想を公の場で聞いてもらおうとする者もいる。
They thirst for success and applause, of which we are remarkably generous. 彼らは成功と拍手を渇望しているが、我々は驚くほど寛大だ。
You cannot imagine to what extent the rises of the Goyim can be brought to a state of unconscious naivete in their arrogance, and how easy it is to take the heart out of them by the slightest ill success, though it'd be nothing more than the stoppage of the applause they had, and to reduce them to a slavish submission for the sake of winning a renewal of success. 人は想像できないだろう。ゴイムの傲慢な精神をどこまで無意識的素朴の状態に持っていけるのか。また、ほんの僅かな病的な成功によって、彼らの心を奪うことがどれほど容易であるか。成功といっても、彼らが持っていた賞賛を止めてしまう程度のことだが。我々は彼らを更に成功したいと思わせ、奴隷のように服従させることができるのである。
This time is an appearance have the souls of sheep and the wind blows freely through their hands. 今回は羊の魂が登場し、手の中で風が自由に吹いている。[?]
We execute Masons in ways that none but the Brotherhood can never have a suspicion of, not even the victims themselves of our death sentence. 我々は同胞団以外の誰にも疑われない方法でメイソンを処刑する。死刑判決の犠牲者自身にさえも知られずに。
They all die when required, as if from a normal kind of illness. 彼らは皆、通常の病気のように、必要に応じて死ぬ。
Knowing this, even the Brotherhood dare not protest by such methods. We have plugged out of the midst of masonry the very root of protest against us. これを知っているが故に、同胞団でさえ、なんらかの方法で抗議する勇気はない。我々はメイソンの中から、我々に対する抗議の根源を摘出したのだ。
#4 The press will be their golden tool to steer the mob. ④報道機関は、暴徒を操るための黄金の道具となるだろう。
Through the press, we have gained the power to influence while remaining ourselves in the shade. 報道を通じて、我々は自分自身を日陰に置いたまま、影響力を持つことができた。
Not a single announcement will reach the public without our control. 我々がコントロールしない限り、一つの発表も世間には届かない。
All news items are received by a few agencies. すべてのニュースは、いくつかの機関で受信される。
These agencies will be entirely ours and will give publicity only to what we dictate to them. これらの機関は完全に我々のものとなり、我々が指示したものだけを発表することになる。
All our newspapers will be of all possible complexions, aristocratic, republican, revolutionary, even an article. 我々の新聞はすべて、貴族、共和国、革命、記事まで、ありとあらゆる顔ぶれになるだろう。
Those fools who will think they are repeating the opinion of a newspaper of their own camp will be repeating our opinion, or any opinion that seems desirable for us. 自分の陣営の新聞が述べる意見を繰り返していると信じる愚か者は、我々の意見、あるいは我々にとって好ましいと思われる意見を繰り返していることになる。
#5 The people shall be distracted with empty words and broken promises. ⑤人々は、空虚な言葉と公約破りに気を取られる。
We shall raise the rate of wages, which, however, will not bring any advantage to the workers. 我々は賃金率を上げるが、労働者には何のメリットもない。
For at the same time we shall produce a rise in prices of the basic necessities of life, claiming that it arises from the decline of agriculture and cattle breeding. それと同時に、農業や牧畜の衰退に起因すると言いたて、生活必需品の価格上昇を生み出すことになるからだ。
There is another reason why they will close their eyes, for we shall keep promising them to give back all the liberties we've taken away, as soon as we have quelled the enemies of peace and tamed all parties. 彼らが目をつぶる理由はもう一つある。平和の敵を鎮め、すべての政党を手なずけた暁には、奪った自由をすべて返すと約束し続けるからだ。
We shall distract them with amusements, games, pastimes, fashions, people's palaces. 我々は娯楽、ゲーム、道楽、流行、人々の館などで彼らの気を引く。
Through the press, we shall propose competitions in art, in sport, in all kinds. 報道機関を通じて、芸術、スポーツ、あらゆる種類のコンテストを提案する。
These interests will finally distract their minds. これらの興味は、最終的に彼らの心を乱すことになる。
#6 All layers of society will be infiltrated. ⑥社会のあらゆる層が浸潤される。
It is from us that the all engulfing terror proceeds. 我々の中から、すべてを包み込むような恐怖が生まれるのだ。
We have in our service persons of all opinions, of all doctrines, restoring monarchies, demagogues, socialists, communists, and utopian dreamers. 我々のサービスには、あらゆる意見と教義を持つ者、君主制の回復を望む者、民主主義者、社会主義者、共産主義者、 ユートピアの夢想家たちがいる。
We have harnessed them all to the task of drilling away the last remnants of authority. 我々は彼らを、最後の権威の残骸を掘り起こす作業に利用した。
By these acts, all states are in torture and ready to sacrifice everything for peace and tranquility. これらの行為によってすべての国家は苦悶しており、平和と平穏のためにすべてを犠牲にする準備ができている。
But we will not give them peace until they openly acknowledge our international super government, and with submissiveness. しかし、彼らが公然と我々の国際的なスーパー政府を認め従順になるまで、我々は彼らに平和を与えないだろう。
We have got our hands into the administration of the law, into the conduct of elections, into the press, into Liberty of the person, but principally into education and training as being the cornerstones of a free existence. 我々は、法の執行、選挙の実施、報道、個人の自由に手を染めてきた。そして何よりも、自由な生活の礎となる教育と訓練に力を入れている。
The administrators whom we shall choose from among the public with strict regard to their capacity for obedience, will not be person strained in the art of government, and will therefore easily become pawns in our game. 我々が国民の中から従順さを重視して選ぶ行政官は、政府の技術に精通していないため、我々のゲームの駒になりやすい。
In the hands of men of learning and genius, who will be their advisers, specialists, bred and reared from early childhood to rule the event of the whole world, we shall surround our government with a whole world of economists. 我々はエリートを使い経済学の政府を打ち立てて現政府を包囲する。エリートとはすなわち、学識と才能に恵まれ、助言者や専門家になり、全世界の出来事を支配するべく幼い頃から育てられた者たちである。
Around us will be a constellation of bankers, industrialists, capitalists, and the main thing millionaires, because everything will be settled by the question of figures. 我々の周りには、銀行家、実業家、資本家、そして何と言っても大富豪が集まってくるだろう。
Who will ever suspect that all these people were stage managed by us according to a political plan which no one has so much as guessed at in the course of many centuries. このような者どもが、何世紀にもわたって誰も想像もしなかったような政治的計画に基づいて、我々によって演出されたとは、誰も疑わない。
#7 The ultimate threat. ⑦究極の脅威。
You may say that the Goyim will rise upon us, arms in hand, if they guess what is going on before the time comes. 時が来る前に、何が起こっているかを察知したゴイムが、徒党を組んで我々に襲いかかってくるかもしれない。
But in the West we have against this a maneuver of such appalling terror that the very stoutest heart quail. しかし西欧では、これに対して、最も気丈な心でも震える上がるような恐怖の作戦がある。
The underground, metropolitans, those subterranean corridors which, before the time comes, will be driven under all the capitals. 地下、メトロポリタン、それらの地下通路は、時が来る前にすべての首都の下に打ち込まれるだろう。
And from where the capitals will be blown into the air with all their organizations and archives. そして、そこから首都が組織や保存記録ごと空中に吹き飛ばされる。
#8 They will cause mayhem. ⑧彼らは騒乱を起こす。
We have stirred up every form of enterprise. 我々はあらゆる形態の企業をかき集めた。
We have armed all parties. 我々はすべての当事者を武装させた。
We have set up authority as a target for every ambition. 我々は、権威をあらゆる野心のターゲットに設定した。
Of States, we have made gladiatorial arenas where a lot of confused issues contend a little more, and disorders and bankruptcy will be universal. 我々は混乱した多くの問題を少しずつ争う場となる「剣闘士の競技場」、国会を作った。混乱と破産は普遍的なものとなるだろう。
This hatred will be further magnified by the effects of economic crises, which will stop dealing on the exchanges and bring industry to a standstill universal economic crisis, whereby we shall throw upon the streets whole mobs of workers simultaneously in all the countries of Europe. この憎しみは、経済危機の影響でさらに大きくなり、取引所での取引が停止し、産業が停止する普遍的な経済危機によって、ヨーロッパのすべての国で労働者の群れが一斉に街に投げ出されるだろう。
These mobs will rush to shed the blood of those whom they have envied from their cradles in the simplicity of their ignorance and his property they will then be able to loot. このような暴徒は、無知ゆえに、幼い頃から羨んでいた人々の血を流そうと躍起になり、彼の財産を略奪することになる。
Remember the French Revolution? The secrets of its preparations are well known to us, for it was wholly the work of our hands. フランス革命を覚えているだろうか? 我々はその準備の秘密はよく知っている。それはすべて我々の手によるものだったからだ。
#9 There will be a transition period. ⑨移行期間を設ける。
In order to put public opinion into our hands, we must bring it into a state of bewilderment by giving so many contradictory opinions that the Goyim will lose their heads in the labyrinth and come to see that the best thing is to have no opinion of any kind in political matters. 世論を我々の手中に収めるためには、多すぎる矛盾した意見を並べて、世論を混乱させなければならない。ゴイムを迷宮に迷い込ませ、政治的な問題については何の意見も持たないのが一番だと悟らせなければならない。
In order for the people to become accustomed to obedience, it is necessary to give lessons of humility, and therefore to reduce the production of articles of luxury. 民衆を服従に慣れさせるには、謙虚さを教える必要がある。そのためには贅沢品の生産を減らすことが必要だ。
We shall reestablish small master production, which will mean laying a mine under the private capital of manufacturers. 我々は小規模な製造を復活させなければならない。それは、製造業者の個人資本の下に地雷を敷設することを意味する。
In the resulting chaos, people will fail to understand one another. 混乱の中では人々は互いを理解することができない。
It will discourage any kind of personal initiative which might hinder our affair in any degree. 個人的な自発力はいかなるものでも妨げなければならない。我々の実務を少しでも妨げる可能性があるからだ。
There is nothing more dangerous than personal initiative if it has genius behind it. 天才的な才能があれば、個人の自発力ほど危険なものはない。
Such initiative can do more harm to us than can be done by millions of people among whom we have sown discord. このような自発力は、我々が何百万人もの人間に不和をもたらしたことよりも、ずっと大きな害を我々に与えることになる。
We must so direct the education of the Goyim communities that whenever they come upon a matter requiring initiative, they may drop their hands in despairing impotence. 我々は、ゴイム共同体の教育を指導しなければならない。主導権を必要とする問題に直面するたびに、彼らが絶望的な無力感の中で手を降ろしてしまうように指導しなければならない。
We shall so wear down the Goyim that they will offer us international power that will enable us, without any violence, gradually to absorb all the state forces of the world and to form a Super-Government. 我々は、ゴイムを疲弊させて、彼らが我々に国際的な力を提供するようにする。それによって、我々はいかなる暴力も用いることなく、世界のすべての国家権力を徐々に吸収し、スーパー政府を形成することができる。
In place of the rules of today, we shall set up a Super-Government administration. 今現在の統治に成り代わり、スーパー政府政権を立ち上げる。
Its hands will reach out in all directions, and its organization will be of such colossal dimensions that it cannot fail to subdue all the nations of the world. その手は四方八方に伸び、その組織は巨大なものとなり、世界のすべての国を征服しないわけにはいかないだろう。
The moment of the recognition of our despot will come when the peoples, utterly wearied by the incompetence of their rulers, a matter which we shall arrange for will cry out. Away with them and give us one King over all the Earth who will unite us and annihilate the causes of disorders, who will give us peace and quiet which we cannot find under our rulers and representatives. 我々の専制君主が認められる瞬間とは、支配者の無能さに疲弊した民衆が叫ぶときにやってくる。支配者を追い出し統合し、やがて全世界を支配する一人の王に、民衆は統治される。王はかつてない平和と静寂を与えてくれるだろう。
Then will the mob exalt us, and bear us up in their hands in a unanimous triumph of hopes and expectations. その時、群衆は我々を高く評価し、希望と期待の一致した勝利の中で我々を受け入れるだろう。
Voting which we have made, the instrument which will set us on the throne of the world will then have served its purpose and will play its part for the last time. 我々を世界の王座に就かせるための道具として作った投票。それは目的を果たした後、最後にその役割を果たすことになる。
#9 The new Kingdom will be blood curdling. ⑨新しい王国は血の滴るようなものになるだろう。
We shall create an intensified centralisation of government in order to grip in our hands all the forces of the community. 我々は、コミュニティのすべての力を手にするために、政府の中央集権化を強化する。
We shall regulate all the actions of the political life of our subject by new laws. 我々は、対象の政治生活上すべての行動を、新しい法律によって規制する。
These laws will withdraw one by one all liberties of the Goyim, and our Kingdom will be distinguished by a despotism of such magnificent proportions that we can wipe out any Goyim who oppose us by deed or word. これらの法律は、ゴイムのすべての自由を一つずつ除去する。我々の王国は、行動や言葉で我々に反対するゴイムを一掃できるような壮大な規模の専制政治によって、際立ったものになるだろう。
The word freedom brings out the communities of men to fight against every kind of force, every kind of authority, even against God and the laws of nature. 自由という言葉は、あらゆる力、あらゆる権威、さらには神や自然の法則に対しても闘う人間の共同体を呼び起こす。
For this reason, when we come into our Kingdom, we shall have to erase this word freedom from the lexicon of life as implying a principle of brute force which turns mobs into blood thirsty beasts. それ故に、我々が王国に入ったときには、自由という言葉は、暴徒を血に飢えた獣に変えてしまう強引な力の原理を意味するものとして、人生の辞書から消し去らなければならない。
Freedom is the right to do that which the law allows. 自由は、法律で認められていることを行う権利というものになる。
All freedom will thus be in our hands. すべての自由は我々の手中におさまる。
In our programs, one third of our subjects will keep the rest under observation from a sense of duty on the principle of volunteer service to the state. 我々のプログラムでは、3分の1の対象者が、国家へのボランティア活動の原則に基づき、義務感から残りを監視下に置く。
It will then be no disgrace to be a spy, an informer, but a merit. そうなれば、スパイや情報提供者であることは恥ではなく、美点になるだろう。
When we at last definitely come into our Kingdom by the aid of Coups d'etat prepared everywhere for one in the same day, we shall make it our task to see that plot against us shall no longer exist. いたるところに用意されたクーデターの助けを借り、ついに我々が王国を手に入れたとき、我々に対する陰謀がもはや存在しないことを確認するのは我々の任務である。
With this purpose we shall slay without mercy all who take arms to oppose our coming into our Kingdom. この目的のために我々は、我々の王国入国に抵抗する武装蜂起者を、容赦なく殺害する。
Every kind of new institution of anything like a secret society will be punished with death. 秘密結社じみた新設のあらゆる機関は、死を以て罰せられる。
Those now in existence are known to us, serve us and have served us. 現在存在するのは我々が知るものであり、これまでと同様我々に奉仕する。
But we shall disband them and send them into exile to continents far removed from Europe. しかし、我々は彼らを解散させ、ヨーロッパから遠く離れた大陸に追放する。
In this way, we shall perceive with those Goyim Masons who know too much. このようにして我々は、知り過ぎたゴイム・メイソンを窺い知ることができる。
Those who may spare will be kept in constant fear of exile from Europe, as the Center of our rule. 残りの者は、我々の支配の中心であるヨーロッパからの追放の恐怖に常に晒されることになる。
One authority will be glorious because it will be all powerful. 唯一の権威がすべての力を持つが故に、栄光に満ちたものとなるであろう。
Our authority will be the Crown of order, and in that is included the whole happiness of man we, the law givers, shall execute judgment in sentence. 我々の権威は秩序の王冠であり、その中には人間の全幸福が含まれている。法を与える者である我々が、判決で裁きを下す。
We shall slay, and we shall spare. 殺し、助ける。
We rule by force of will, and the weapons in our hands are limitless ambitions, burning, greediness, merciless, vengeance, hatred, and malice. 我々は意志の力で支配し、我々の武器は、無限の野心、焼却、貪欲、無慈悲、復讐、憎悪、悪意である。
Resolutions of our government will be final without appeal. 我々の政府の決議は、控訴することなく最終的なものとなる。
Judges decide as we dictate them. 裁判官は我々が指示した通りに判断する。
When the time of our overt rule comes, all our laws will be brief, plain, stable, without any kind of interpretations, so that anyone will be in a position to know them perfectly. 我々の支配が公然となる時代が来たら、すべての法律は、簡潔、平易、安定、いかなる解釈も認めないものになり、すべての者に完全に知らしめるだろう。
The main feature is submission to orders, and this principle will be carried to a grandiose height. 最大の特徴は命令への服従であり、この原則は壮大なまでに高められる。
Criminals will be arrested at the first more or less wellgrounded suspicion. 犯罪者は、多かれ少なかれ根拠のある疑いをかけられた時点で逮捕される。
It cannot be allowed that, out of fear of a possible mistake, an opportunity should be given to escape to persons suspected of a crime. 誤りの可能性を恐れて、容疑者に逃亡の機会を与えることは許されない。
For in these matters we shall be literally merciless. これらの問題については、我々は文字通り無慈悲になる。
We shall reeducate the universities in a new direction. 我々は、大学を新しい方向に再教育する。
Their officials and professors will be prepared by detailed secret programs of action, and will be so placed as to be wholly dependent upon the government. 大学の役人や教授たちは、詳細で秘密の行動計画によって準備される。そして、政府に完全に依存するように配置される。
We shall replace the study of ancient history with a study of the program of the future. 我々は、古代史の研究を未来のプログラムの研究に置き換える。
We shall erase from the memory of men or facts of previous centuries which are undesirable to us, and leave only those which depict all the errors of the government of the Goyim. 我々にとって好ましくない過去の世紀の人物や事実を記憶から消し去り、ゴイムの政府のすべての誤りを描いたものだけを残す。
We shall bullish every kind of freedom of instruction. 我々は、あらゆる種類の自由な指導を強要する。
It is indispensable for us to undermine all faith, to tear out of the mind of the Goyim the very principle of God and spirit, and to replace them with arithmetical, calculations, and material needs. すべての信仰を弱体化させ、ゴイムの心から神や精神の原理そのものを引き剥がし、算術計算、物質的な必要性に置き換えることは、我々はにとって不可欠である。
When we come into our Kingdom, it will be undesirable for us that this should exist any other religion than ours of the one God with whom our destiny is bound up by our position as the chosen. 我々が王国に入るとき、選ばれた者としての地位によって運命が結ばれている唯一の神の宗教以外、他の宗教が存在することは、我々にとって望ましくない。
We must therefore sweep away all other forms of belief. したがって、他のすべての信仰を一掃しなければならない。
Our preaching of the religion of Moses has brought all the Peoples of the world into subjection to us. 我々がモーセの宗教を説くことで、世界のすべての民族が我々に服従するようになった。
Our philosophers will discuss all the shortcomings of the various beliefs of the Goyim, but no one will ever bring under discussion our faith from its true point of view, since this will be fully learned by none save ours who will never dare to betray its secrets. 我々の哲学者たちは、ゴイムの様々な信念の欠点をすべて議論するだろう。しかし、誰も我々の信仰をその真の観点から議論することはない。なぜなら、このことは、その秘密をあえて裏切ることのない我々以外には、完全に学ぶことができないからである。
Freedom of the press, the ride of Association, freedom of conscience, the voting principle must disappear forever from the memory of man and undergo a radical alteration the day after the promulgation of the new Constitution. 報道の自由、結社の自由、良心の自由、投票の原則などは、人間の記憶から永遠に消え去ることになる。新憲法が公布された翌日には根本的に変更されているのだ。
What we want is that from the first moment of its promulgation, while the peoples of the world are still stunned by the accomplished fact of the revolution, still in a condition of terror and uncertainty, they should recognize once and for all, that we are so strong, so super abundantly, filled with power, that in no case shall we take any account of them. 我々が望んでいるのは、その公布の最初の瞬間、世界中が革命が達成された事実に驚愕し恐怖と不確実性の中にいる間に、世界がはっきりと認識することである。我々がとてつもなく強大で豊かであり力に満ちていることを。どんな場合でも、彼らを考慮することは一切ない。
And so far from paying any attention to their opinions or wishes, we are ready and able to crush with irresistible power, all expression or manifestation thereof, at every moment and in every place that we have seized at once everything we wanted, and shall in no case divide our power with them. そして、彼らの意見や願望に注意を払うどころか、我々は、あらゆる瞬間に、あらゆる場所で、その表現や発現を不可抗力で粉砕する準備ができており、我々が望むものすべてを一度に掌握しており、いかなる場合も彼らと力を分け合うことはない。
Then, in fear and trembling, they will close their eyes to everything and be content to await what will be the end of it all. そうなれば彼らは、恐怖と震えの中ですべてに目をつぶり、すべてが終わるのを待つことに満足するようになる。
We've been leading the Peoples from one disenchantment to another, so that in the end they will turn also from us in favor of that King, despot of the blood of Zion, whom we are preparing for the world. 我々は、最終的には人々は転向し、世界に向けて準備しているシオンの血の支配者である王を支持するようにさせるべく、彼らを次々と幻滅させてきた。
#10 The new King, the chosen One. ⑩新しい王、選ばれし者。
This Chosen One of God is chosen from above, to demolish the senseless forces moved by instinct and not reason, by brutishness and not humanness. この神に選ばれし者は、理性ではなく本能で、人間性ではなく残虐性で動く無意味な力を打ち砕くために、天上から選ばれたのである。
These forces now triumph in manifestations of robbery and every kind of violence under the mask of principles of freedom and rights. これらの勢力は、現在、自由と権利の原則の仮面をかぶって、強盗やあらゆる種類の暴力を顕在化させている。
They have overthrown all forms of social order to erect on the ruins the throne of the King of the Jews. 彼らは、廃墟にユダヤの王の玉座を建てるために、あらゆる社会秩序を破壊した。
But their part will be played out the moment he enters into his Kingdom. しかし、彼らの役割は、王がその王国に入る瞬間に果たされる。
Then it will be necessary to sweep them away from his path. その時には、王の進む道から彼らを一掃する必要があるだろう。
When the King of Israel sets upon his sacred head, the Crown offered to him by Europe, he will become patriarch of the world. イスラエルの王がその聖なる頭上に、ヨーロッパから差し出された王冠を据えるとき、彼は世界の開祖となるだろう。
This king will be the real pope of the universe, the patriarch of the international church. この王は、宇宙の真の法王、国際教会の創始者となる。
The Protocols of Zion portray the world as it is today, well, almost. 「シオンの議定書」は、ほぼ現在の世界の姿を描いている。
The Kazarian King of Kings is not on the throne in Jerusalem just yet. カザリアンの真の王は、まだエルサレムの玉座についていない。
The world population has not begged the Cabal to bring order out of chaos just yet. 世界の人々は、まだカバルに混沌から秩序を取り戻すようにと懇願はしていない。
But are we far away from their end goal? Follow me to part 5. しかし、彼らの最終目標に程遠いと言えるのだろうか? パート5に続きます。


関連記事