続・カバルの崩壊 Part 5 - カバルの邪悪なエンジン:国連

THE SEQUEL TO THE FALL OF THE CABAL - PART 5 - The Cabal’s Evil Engine: the UN

BIT CHUTE THE SEQUEL TO THE FALL OF THE CABAL - PART 5, 2020/11/28より。

ハイライト:

  • ジョージア・ガイドストーンは、カバルの目的である「シオンの議定書」を完璧に証明しているように思える。

  • 国連とWHOの両方が、根っからのカバル機関であり、彼らは美しい外観の後ろに隠れていることを理解しなければならない。

  • 「世界を救うためには、各国が主権を放棄しなければならない」 アジェンダ2030全体の本質は、社会主義・共産主義である。

  • 政府が平等について語るときはいつも、人が安心できるような言い方をするが、実は共産主義が絡んでいて、それを隠しもしない。

THE SEQUEL TO THE FALL OF THE CABAL - PART 5 - The Cabal’s Evil Engine: the UN

In the previous parts, we exposed the Cabal and their evil plans, as outlined in their macabre Protocols of Zion. What about this day and age? Have they actually reached their goal of world dominance?

前章では、カバルとその邪悪な計画を、ゾッとするような「シオンの議定書」に基づいて明らかにしました。今の時代はどうでしょうか? 彼らは実際に世界支配という目標を達成したのでしょうか?



Let me take you on a field trip to Georgia, US. アメリカのジョージア州への遠足にご案内しよう。
On a hill in Elbert County, there is a granite monument called the Georgia Guidestones. エルバート郡の丘の上に、「ジョージア・ガイドストーン」と呼ばれる花崗岩の石碑がある。
Built in 1980, the monument is veiled in mystery. 1980年に建てられたこのモニュメントは、謎のベールに包まれている。
It was commissioned by a man who used a pseudonym, R.C. Christian. 依頼したのはR.C.クリスチャンというペンネームを使った人物である。
He paid a handsome prize but insisted on remaining anonymous. 彼は高額の賞金を支払ったが、匿名であることにこだわった。
The monument consists of four massive standing stones, one slap stone at the top, carried by a pillow stone, plus one explanatory stone. 碑は4つの巨大な立石と、枕石で支えられた最上部の平手石1つ、それに説明石1つで構成されている。
Two things are captivating. 2つのことに心を奪われる。
First of all, the monument is an astronomical clock and calendar focused on the sun, the moon, the equinoxes, and the solstices. まず、このモニュメントは、太陽、月、赤道、夏至に焦点を当てた天文時計とカレンダーになっている。
A hole was drilled in one of the stones through which one can see the North Star. 石の1つに穴を開け、そこから北極星が見えるようにしてある。
Secondly, the stones contain text information about the future Earth and the era of reason. 第二に、石には未来の地球や理性の時代に関する文字情報が刻まれている。
It is written in 8 modern languages. それらは8つの現代語で書かれている。
The shorter message is described all around the top stone in four ancient languages, Babylonian, Classical Greek, Sanskrit, and ancient Egyptian. 短いメッセージは、バビロニア語、古典ギリシャ語、サンスクリット語、古代エジプト語の4つの古代言語で、トップの石の周りすべてに記述されている。
This is the message, Maintain humanity under 500,000,000 in perpetual balance with nature. これはメッセージである。人類は5億人以下で自然との永久的なバランスを保っている。
Guide reproduction wisely, improving fitness and diversity unite humanity with a living new language, rule, passion, faith, tradition and all things with tempered reason. 繁殖を賢く導き、体力と多様性を向上させ、人類を統合する。生きた新しい言語、ルール、情熱、信仰、伝統、そして鍛えられた理性を持つすべてのもので。
Protect people and nations with fair laws and just courts. 公正な法律と正義の裁判で人々と国家を守る。
Let all nations rule internally, resolving external disputes in a world court. すべての国が国内で統治し、対外的な紛争は世界法廷で解決する。
Avoid petty laws and useless officials. 些細な法律や役立たずの役人は避ける。
Balance personal rights with social duties, prize, truth, beauty, love seeking harmony with the infinite. 個人の権利と社会的義務のバランスをとり、賞、真実、美、愛を求め、無限との調和を図る。
Be not a cancer on the Earth. 地球の癌にならないように。
Leave room for nature. 自然のための空間を残す。
Leave room for nature. 自然のための空間を残す。
In short, population control the annihilation of a large part of the population. つまり、人口コントロールとは、人口の大部分を消滅させることである。
Specific reproduction through eugenics one language, one world court, social duties over personal rights, reason over passion, price truth, who's truth? and nature over the human race, the cancer of the Earth. 優生学による特定の繁殖、一つの言語、一つの世界裁判所、個人の権利よりも社会的義務、情熱よりも理性、価格の真実、誰の真実? そして地球の癌である人類よりも自然。
And not to forget what they call the Age of reason. そして忘れてはならないのが、「理性の時代」と呼ばれるものだ。
Not the age of love or the age of compassion or the age of abundance for all. 愛の時代でも、思いやりの時代でも、すべての人が豊かになる時代でもない。
Obviously, this monument cannot be accused of being a hoax. もちろん、このモニュメントがデマであると非難されることはない。
After all, it simply stands there. 結局のところ、ただそこに立っているだけなのだ。
So what are we looking at? Who on Earth was the mysterious Mr Christian? Who is willing to pay so much money for something so intricate and controversial? It seems to us that the Georgia Guidestones perfectly demonstrate the goal of the Cabal, the Protocols of Sion, and the way they've been trying to hide their true intentions by means of the eagerly gullible term sustainability. では、私たちは何を見ているのか? 謎のクリスチャン氏とはいったい誰なのか? こんなに複雑で物議を醸すものに、誰が大金を払うのか? ジョージア・ガイドストーンは、カバルの目的である「シオンの議定書」を完璧に証明しているように思える。そして、彼らの真の意図を、熱心で騙されやすい「持続可能性」という言葉を使って隠そうとしているようだ。
So what do we see in our world today? That is a reflection of these guidelines. These goals enter the United Nations. では、今の世界には何があるのだろうか? 世界にあるのは、このガイドラインの反映である。これらの目標は国連に記入される。
Believed by the majority of the people to be a wonderful institution, the UN was founded right after World War II in October 1945. 大半の人々が素晴らしい機関だと信じている国連は、第二次世界大戦直後の1945年10月に設立された。
Officially, the UN was set up to maintain worldwide peace and security and to develop relations and corporation among nations. 公式には、国連は世界の平和と安全を維持し、国家間の関係と協力を発展させるために設立されたものである。
The blue helmets are associated by many with the protection of the people. 青いヘルメットは、多くの人が人々の保護を連想する。
They are called the peacekeeper. 彼らはピースキーパーと呼ばれている。
Well, that's one side of the coin, the other side shows quite a different picture. それはコインの一面であって、もう一面では全く違う姿を見せている。
A picture in which the UN's goal is a New World Order, a one world government as promoted by the learned Elders of Zion. 国連が目指しているのは、学識あるシオンの長老たちが推進する新世界秩序、つまり一つの世界政府であるという図式である。
Is that a proven fact? Yes. In 2008, the UN actually set up their very own UN New World Order Project, led by Nelson Mandela's grandson and x-CIA Jaime lllien. それは証明された事実か? その通り。2008年、国連では、ネルソン・マンデラの孫とCIA出身のハイメ・リリアンが率いる国連新世界秩序プロジェクトを実際に立ち上げたのだ。
According to highly influential people like the Presidents Bush Senior and Bush Jr and Gorbachev, the New World Order must be founded on the principle of collective security. ブッシュ大統領やゴルバチョフ大統領のような影響力の強い人々は、新世界秩序は集団安全保障の原則に基づいて構築されなければならないと考えている。
And that is precisely whether UN comes in. そして、それこそが国連の出番なのだ。
The UN blue helmets can lawfully intervene, whenever the UN believes the country is a danger to collective security. 国連のブルーヘルメットは、国連がその国が集団安全保障にとって危険であると判断した場合、いつでも合法的に介入することができる。
They can lawfully sent an Army and attack that country like they did in the Korean War in 1950 and again in the Persian Golf 1990 or they can lawfully send military missions to a country like in Sierra Leone. 1950年の朝鮮戦争や1990年のペルシャ・ゴルフのように、合法的に軍隊を派遣してその国を攻撃することもできるし、シエラレオネのように合法的に軍事ミッションを派遣することもできる。
From 1999 to 2006, the UN Army comprises of 70,000 soldiers from various countries. 1999年から2006年まで、国連軍はさまざまな国から集まった7万人の兵士で構成されていた。
Is this a good thing or a bad thing? Well, Let's put it this way, assuming that the intent was good, the outcome was often bad. これは良いことなのか、悪いことなのか。言い換えれば、意図が善であったとしても、結果は悪いことが多いということである。
Terrible, as a matter of fact, even shockingly, horrific. 実のところは酷い。衝撃的でさえあり、恐ろしい。
Now we understand that many people will have a very hard time realizing that organizations such as the UN and its WHO are not the benign entities they claim to be. 国連やWHOのような組織が、自分たちが主張しているような善良な存在ではないということを、多くの人が理解するのは非常に難しいだろうということは理解できる。
We understand the level of cognitive dissonance of denial that we may trigger, but it is imperative to realize that both the UN and the WHO a Cabal machines to the core, they hide behind a facade of beauty. 我々は、自分が起こすかもしれない否定の認知的不協和音のレベルを理解しているが、さらに次のことを理解する必要がある。すなわち国連とWHOの両方が、根っからのカバル機関であり、彼らは美しい外観の後ろに隠れていることを理解しなければならない。
But make no mistake, behind the mask, these entities are monster. しかし、その仮面の裏には怪物がいることを忘れてはならない。
So in order to deal with the myth of the peacekeepers, here are some facts that everybody needs to know. そこで、平和維持軍の神話に対処するために、誰もが知っておくべき事実を紹介しよう。
The UN has been involved with sexual exploitation and abuse for decades. 国連は何十年も前から性的搾取や虐待に関わってきた。
There have been countless reports of sexual abuse, rape, women and child trafficking. 性的虐待やレイプ、女性や子供の人身売買など、数え切れないほどの報告がある。
When UN peacekeepers were stationed in Cambodia in 1993, the number of prostitutes rose from 6,000 to more than 25,000 in that year alone. 1993年に国連平和維持軍がカンボジアに駐留すると、その年だけで売春婦の数が6,000人から25,000人以上に増えた。
The widespread use of prostitutes involved violent sexual abuse of girls. 売春婦の利用が広まったことで、少女たちに暴力的な性的虐待が行われた。
The UN response was threefold. 国連の対応は3つに分かれた。
The head of Mission declared it wasn't important enough to follow up on and that boys will be boys. ミッションの責任者は、「フォローアップするほど重要ではない」「男の子はしょせん男の子」と宣言した。
Mission leadership advised peacekeepers not to wear uniforms when visiting prostitutes or park UN vehicles directly outside, and an additional 800,000 condoms were shipped to Cambodia to prevent the spread of HIV. ミッションの指導者は、平和維持軍が売春婦を訪問する際に制服を着用しないことや、国連の車両を直接外に駐車しないことを助言し、HIVの感染を防ぐためにカンボジアに80万個のコンドームを追加出荷した。
Well, 1993 that's a long time ago. さて、1993年といえば、もうずいぶん前のことだ。
Okay, 2 years later, in 1995, in Bosnia and Herzegovina, evidence emerged that women and girls were being trafficked to work as sex slaves for UN personnel, and later that interveners were complicit in sex trafficking. では、その2年後の1995年、ボスニア・ヘルツェゴビナでは、女性や少女が人身売買され、国連職員の性奴隷として働かされていたという証拠が出てきた。その後、介入者が性売買に加担していたという証拠も出てきた。
However, it took six years before the UN came forward with a statement and only because of rising public attention. しかし、国連が声明を発表するまでには6年の歳月を要し、それは世間の注目を集めたからである。
The official investigation into this matter reported an obvious reluctance by the UN to recognize the involvement of peacekeepers in trafficking. この件に関する公式調査では、国連が平和維持軍の人身売買への関与を認めるのに明らかな躊躇があったことが報告されている。
The result? Did the UN prosecute any of the abusers or traffickers? No, it did not. その結果は? 国連は、虐待や人身売買を行った者を起訴したのか? いや、そうではなかった。
It rewrote the definition of trafficking, making it less severe a crime under international law, and failed to provide adequate victim protection. 人身売買の定義を書き換え、国際法上の罪を軽くし、十分な被害者保護を提供しなかった。
Shortly thereafter, independent consultants raised the alarm that UN and NGO staff were abusing and exploiting local women and girls in refugee camps in Guinea, Liberia, and Sierra Leone. その直後、独立コンサルタントが、ギニア、リベリア、シエラレオネの難民キャンプで、国連やNGOのスタッフが現地の女性や少女を虐待搾取していると警鐘を鳴らした。
According to OIOS investigation in 2001, sexual exploitation and abuse was most common. OIOSの2001年の調査によると、性的搾取と虐待が最も多かった。
Examples? The sexual relationship between a UN civilian staff member and a 17 year-old refugee in exchange for school fees. 例えば? 国連の文民スタッフと17歳の難民が、学費と引き換えに性的関係を持ったこと。
The violent rape of girls by NGO staff, the rape of boys by Blue Helmets and Chevrolet one. NGOスタッフによる少女への暴力的なレイプ、ブルーヘルメットやシボレーワンによる少年のレイプ。
The exchange of sex for food provided by NGO staff, and the refusal of international staff to take responsibility for children fathered with local women, from opportunistic sexual abuse transactional sex and networked sexual exploitation to bland sadistic attacks. NGOスタッフが提供する食料とセックスを交換したり、現地の女性との間にできた子供の責任を取ることを国際的なスタッフが拒否したりと、日和見的な性的虐待取引的なセックスやネットワークを利用した性的搾取から、当たり障りのないサディスティックな攻撃まで、多岐にわたる。
2015 Central African Republic two girls, aged 14 and 18 were gang raped by armed MINUSCA peacekeepers near their bays. 2015年、中央アフリカ共和国では14歳と18歳の少女2人が、湾岸近くで武装したMINUSCA平和維持軍に集団レイプされた。
The 18 year-old had asked for some food, The 14 year-old had simply walked by. 18歳の娘は食べ物をねだった。14歳の少女は、ただ通りかかっただけだった。
Same here, same country, homeless and starving boys aged 8 to 15 were repeatedly raped by 26 UN peacekeepers. 同じ国で、8歳から15歳のホームレスや飢えた少年たちが、26人の国連平和維持軍に繰り返しレイプされた。
And UN peacekeepers randomly shot and killed a 16 year-old boy and his father and raped a 12 year-old girl. また、国連平和維持軍は、16歳の少年とその父親を無差別に射殺し、12歳の少女をレイプした。
2016, more than 108 additional cases were investigated, including the sexual abuse of 98 girls by international peacekeeper. 2016年には、国際平和維持活動家による98人の少女への性的虐待を含む108件以上の事件が追加で調査された。
The list of sexual exploitation and abuse is endless in every single country, from Haiti to Somalia to Rwanda and Liberia, where 58,000 women and girls were raped in the first nine years of UN mil, more of 75% by UN personnel from East Timor to Sarajevo, Bosnia, where Italian peacekeepers ran child prostitution rings from their barracks. ハイチ、ソマリア、ルワンダ、リベリアなど、どの国でも、性的搾取や虐待のリストは枚挙にいとまがない。国連軍が駐留した最初の9年間で58,000人の女性や少女がレイプされ、その75%以上が国連職員によるものだった。東ティモールからボスニアのサラエボでは、イタリアの平和維持軍が兵舎から児童売春組織を運営していた。
The Blue Helmets left a trail of abuse and trauma. ブルーヘルメットは、虐待とトラウマの痕跡を残した。
As one of the official reports are strikingly reported, many parts of the world where the UN was present were descending into chaos if not hell. ある公式報告書が印象的に伝えているように、国連が存在する世界の多くの地域は、地獄とまではいかないまでも、混沌とした状態に陥っていた。
And arguably, with the assistance of the UN, there were plenty of investigations, but hardly any of the perpetrators who admitted to their crimes were prosecuted. そして間違いなく、国連の支援を受けて多くの調査が行われたが、罪を認めた加害者はほとんど起訴されなかった。
Let that sink in. そのことを忘れてはいけない。
Even recently, the UN was once again connected with child trafficking and child abuse when Canadian UN mogul Peter Dalglish was caught in the Act abusing two young boys in the poll. 最近でも、カナダの国連の大物ピーター・ダルグリッシュが世論調査で2人の少年を虐待しているところを現行法で摘発され、国連は再び児童の人身売買や児童虐待に関係していたことが発覚した。
He was sentenced in nine years in prison. ダルグリッシュは懲役9年の実刑判決を受けた。
Up until his arrest in 2019, Dalglish had been presented as a Saint, a protector of children. 2019年に逮捕されるまで、ダルグリッシュは子どもたちを守る聖人として紹介されていた。
He was country representative for UN habitats in Afghanistan. 彼はアフガニスタンの国連居住地の国別代表を務めていた。
It truly was into children. 本当に子供たちに夢中だった。
He even set up Street Kids International to help homeless children. そして、ホームレスの子供たちを支援するために「ストリート・キッズ・インターナショナル」を設立した。
What a Saint. What a great loss to our children. 何という聖人だろう。子供たちにとって何という大きな損失だろう。
Oh, and UN have more on the slate. それと、国連には他にも過去の記録がある。
Remember the war in former Yugoslavia from 1992 to 95? In July 95, the UN failed to protect the so-called safe area in the enclave of Srebrenica. 1992年から95年にかけての旧ユーゴスラビアの戦争を覚えているだろうか。95年7月、国連は飛び地のスレブレニツァのいわゆる安全地帯を守れなかった。
Instead of protecting the Bosnian people who had flood there, the UN Dutchbat turned away. 国連オランダ大隊は、そこに殺到したボスニアの人々を守るどころか、追い返してしまった。
There was nothing they could do. 彼らにはどうすることもできなかった。
They too, had been betrayed at the highest level. 彼らもまた、最高レベルの裏切りを受けていたのだ。
8,372 Bosnian men and boys were separated from their families one night and were slaughtered by Syrian armed forces. 8,372人のボスニア人男性と少年は、ある夜、家族から引き離され、シリアの武装勢力によって虐殺された。
More than 100,000 people were massacred in this hugeness war, mostly Bosnians. この大規模な戦争で、ボスニア人を中心に10万人以上が虐殺された。
Between 30 and 50,000 Bosnian women, children and elderly were raped and deported. 3~5万人のボスニア人女性、子供、高齢者がレイプされ、強制送還された。
The official status of genocide wasn't acknowledged under international law until 2004. 国際法上、ジェノサイドが正式に認められたのは2004年のことである。
Back to the official mission of the UN to turn this world into a better place. この世界をより良い場所にするという、国連の正式な使命に戻ろう。
This is highlighted by the Club of Rome, a group of 100 powerful men and women set up in 1968 by, among others, David Rockefeller at his private stayed near Rome. それを象徴するのが「ローマクラブ」である。ローマクラブは1968年にデビッド・ロックフェラーがローマ近郊の私邸で設立した100人の有力者が集まったグループだ。
A private club presenting itself as a sink tank, providing suggestions to the UN. 私設クラブがシンクタンクのように国連に提言していた。
Its goal? To discuss its concern about the future of planet Earth, to come up with solutions, and to urge governments worldwide to act upon those solutions. その目的とは? 地球の未来に対する懸念を議論し、解決策を提案し、世界各国の政府にその解決策に基づいた行動を促すことである。
In 1972, the Limits to Growth was published. 1972年、「成長の限界」が発表された。
The Club of Rome's first paper on the problems of humanity, followed by the First Global Revolution in 1991, in which humanity was outed as the root problem of all the misery in the world. ローマクラブが最初に発表した人類の問題に関する論文、そして1991年に発表された「第一次地球革命」では、人類が世界の不幸の根本的な問題であることが指摘された。
"In need of a common enemy against whom we can unite, we have decided that pollution, global warming, water shortages, famine etc. are perfect. 公害、地球温暖化、水不足、飢饉などは、私たちが団結できる共通の敵であると判断しました。
These are threats we need to confront together. これらは、私たちが共に立ち向かわなければならない脅威です。
But we should not fall into the trap of mistaking symptoms for causes. しかし、症状を原因と勘違いしてはいけません。
All these dangers are caused by human intervention in natural processes, and it is only through changed attitudes and behaviour that they can be overcome. これらの危険はすべて、自然のプロセスに人間が介入することによって引き起こされるものであり、意識や行動を変えることによってのみ克服することができるのです。
The real enemy is humanity itself". 本当の敵は人類そのものなのです。
This, my friends, was the Foundation of everything that was about to unfold humanity as the cause of all problems. これこそが、あらゆるの問題の原因として人類を展開しようとしていたすべての基礎だったのだ。
The UN was delighted by the Club of Rome. 国連はローマクラブに喜ばれていた。
It had founded the World Commission on Environment and Development in 1983, and the parallels with the conclusions of the First Global Revolution esearch paper were obvious. 1983年には「環境と開発に関する世界委員会」を設立しており、「第一次地球革命」の調査報告書の結論との類似性は明らかだった。
From now on, Sustainability was the Cabal magic word. これからは、「サステナビリティ(持続可能性)」がカバルの魔法の言葉となった。
And so in 1992, the first United Nations Conference on Environment and Development, or Earth Summit, was held in Rio de Janeiro, Brazil, where the first Agenda for Environment and Development, also known as Agenda 21, was developed and adopted. そして1992年、ブラジルのリオデジャネイロで第1回国連環境開発会議(地球サミット)が開催され、「環境と開発のためのアジェンダ」(通称:アジェンダ21)が策定・採択されまた。
21 was a reference to the 20 first century when all of the set goals would have to be met. 21とは、設定された目標をすべて達成しなければならない21世紀のことだ。
178 Governments agreed with and signed the agreement. 178カ国の政府が賛同し、署名した。
At the UN Sustainable Development Summit of 2015, Agenda 2030 was presented, an extended version of Agenda 21. 2015年の国連持続可能な開発サミットでは、アジェンダ21の拡張版であるアジェンダ2030が発表された。
11 more goals were added to the original agenda, all aimed at the future of our planet and the human race, all aimed at sustainability. 当初のアジェンダにさらに11の目標が追加された。すべては地球と人類の未来のために、持続可能性を目指したものである。
By now, 193 countries were participating. 現在では193カ国が参加している。
Do you know how many countries there are in the world? Only two more, 195. 世界にはいくつの国があるか? あと2つだけ、195カ国だ。
The only two that are called Observer States are the Vatican and Palestine. オブザーバー国と呼ばれているのは、バチカンとパレスチナの2つだけである。
Agenda 2030 contains 91 paragraphs. アジェンダ2030には91のパラグラフがある。
Paragraph 59 outlines 17 Sustainable Development Goals. パラグラフ59では、17の「持続可能な開発目標」を掲げている。
There are 169 targets and 232 indicators. そこには169の目標と232の指標がある。
This makes it a rather dry documented digest, but we read it and we were impressed, impressed by the level of cleverness and cunningness with which something so evil was put together so seemingly benign. ドキュメントとしてはかなり辛口のダイジェスト版となっているが、私たちはそれを読んで、感心させられた。一見良さそうに見えるものに邪悪なものを組み立てる巧妙さと狡猾さのレベルが高いのは、さすがである。
Using complex phrases in which words like peace, equality, safety, and security are repeated frequently, the reader is actually left with a good, positive feeling. 「平和」「平等」「安全」「安心」など、複雑な表現が繰り返される中で、実は読者には良い意味でのポジティブな感情が残る。
We'll show you the 17 Sustainable Development Goals in the following slide. 次のスライドでは、17の「持続可能な開発目標」をご紹介しよう。
Feel free to pause the video and have a proper look. ぜひ、一時停止してご覧いただきたい。
We will, however, continue swiftly, as we wish to point out where things go wrong, not where things appear to be right. しかし私たちは、正しいと思われるところではなく、間違っているところを指摘したいと思っているので、迅速に続けていこう。
Let's face it, these goals are not feasible. 正直に言うと、これらの目標は実現不可能である。
The Club of Rome and the UN can use as many beautiful words as they can come up with. ローマクラブも国連も、思いつく限りの美しい言葉を使えばいい。
But how on Earth are they going to accomplish these 17 goals? By asking you and me to pay more tax? Think about it, "Number 1, End property in all its forms everywhere". しかし、一体どうやってこの17の目標を達成しようとしているのだろうか? あなたや私にもっと税金を払ってもらうことで? 考えてみて下さい。「その1 あらゆる形態の財産をあらゆる場所で廃止する」
Really? How? The word sustainable is used 10 times. Why? To throw fairy dust into our eyes so that we don't see so that we will willingly pay more tax and more tax and more, so that the world will be saved from us, the cancer of the Earth? There is nothing sound about these 17 goals. 本当に? どうやって? サステイナブルという言葉が10回出てくる。なぜか? 地球の癌である私たちから世界を救うために、私たちの目に妖精の粉を投げ込んで見えないようにし、喜んでもっともっと税金を払うようにするため? これらの17の目標には、響くものが何もない。
There is no logic. 論理はない。
Take Goal Number 7, Ensure access to affordable, reliable, sustainable and modern energy for all. 「その7 すべての人が、安価で信頼できる、持続可能で近代的なエネルギーへのアクセスを確保する」
How? Are they finally giving the oppressed free zero point energy of Nikola Tesla to the people? Really? The real reason why these goals were put together is to come to the conclusion that they can never be achieved as long as all the participating countries in the world and all their governments have to communicate with each other, that too much time, too much money is lost due to endless meetings. どうやって? 抑圧されていたニコラ・テスラのゼロポイントエネルギーを、ついに無料で人々に与えるのか? 本当に? これらの目標がまとめられた本当の理由は、世界のすべての参加国とその政府が互いにコミュニケーションを取らなければならない限り、決して達成できないという結論に達したからである。あまりにも多くの時間とお金が、終わりのない会議のために失われている。
I'll bet you that the next step will be the announcement at the 17 Sustainable Development Goals and only be reached with a One World Government. 賭けてもいい、次のステップでは17の持続可能な開発目標が発表され、一つの世界政府でなければ達成できないことになるだろう。
The countries will have to give up their sovereignty in order to save the world. Mark my word. 世界を救うためには、各国が主権を放棄しなければならない。私の言葉をマークしていただきたい。
The essence of the entire Agenda 2030 is socialist communistic. アジェンダ2030全体の本質は、社会主義・共産主義である。
It describes equal distribution of goods and money, which sounds great, but which in fact means that the rich countries or to share their wealth with the poor countries. モノとカネの平等な分配といえば聞こえはいいが、実際には豊かな国が貧しい国に富を分け与えることを意味している。
These poor countries are generally run by highly corrupted you suffers, dictators such as Kenyatta (Kenia), and Obiang (Papua New Guinea) or Xi Jinping of China. これらの貧しい国々は、ケニヤッタ(ケニア)やオビアング(パプアニューギニア)、あるいは中国の習近平のような、非常に腐敗した、人々が耐え忍んでいる独裁者によって運営されているのが一般的である。
Are they going to share their wealth, their blood money with their people? That sounds like a wonderful idea to get rid of property. Once over all, everybody would rich in a split second. 彼らは自分たちの富、血税を国民に分け与えるつもりなのだろうか? それは財産をなくすための素晴らしいアイデアのようだ。一気にみんながお金持ちになるだろう。
Let's take all the money from these corrupted governments. これらの腐敗した政府からすべてのお金を奪おう。
Add to it the immense wealth of the Rothschilds, the Rockefellers, both the British and the Dutch Royal families, and of course, the Vatican. さらに、ロスチャイルド家、ロックフェラー家、英国王室、オランダ王室、そしてもちろんバチカンの莫大な富も加えるのだ。
Let's redistribute that wealth among the world population. その富を世界の人口に再分配しよう。
My, what a marvelous idea to end poverty. Once and for all. 貧困をなくすための究極的な素晴らしいアイデアではないか?
Well, No. いや、そうではない。
The people will share with the people. 人々は人々で共有する。
So in my case, the Dutch taxpayer will have to pay and share with the poor people of in this example, New Guinea. だから私の場合、オランダの納税者は、この例ではニューギニアの貧しい人々にお金を払って分け与えなければいけない。
Now, don't get me wrong, I am full sharing. Absolutely. 誤解しないでいただきたいが、私は完全に共有している。絶対にね。
But not according to the plans of the UN, where corrupt, malign governments remain unaffected. しかし、国連の計画はそうではない。腐敗した悪意のある政府は影響を受けない。
Read the paragraphs, the targets and indicators of Agenda 2030, read them well, and you will see that the people will bleed, not the governments. アジェンダ2030のパラグラフ、ターゲット、指標をよく読めば、政府ではなく人々が血を流すことがわかるだろう。
Whenever governments talk about equality, you can rest assured that communism is involved and they don't even hide it. 政府が平等について語るときはいつも、人が安心できるような言い方をするが、実は共産主義が絡んでいて、それを隠しもしない。
Top globalist such as former NATO chief Javier Solana, a socialist, openly celebrate the plan as the next Great Leap Forward. 社会主義者であるハビエル・ソラナ前NATO事務総長などの一流のグローバリストは、この計画を次の大躍進として公然と賞賛している。
That's right, the old campaign slogan of the Chinese Communist Party. そう、中国共産党の古い選挙スローガンである。
And isn't it odd that straight away, just about every country in the world decided to participate and work together? Every dictator of every corrupt government who's still at the blood on their hands of innocent civilian victims signed Agenda 21, and later, Agenda 2030. 世界中のほぼすべての国が参加し協力することを決めたのは、奇妙なことだと思わないだろうか? 罪のない一般市民の犠牲者の手を血で汚しているあらゆる腐敗した政府の独裁者がアジェンダ21に署名し、後にはアジェンダ2030にも署名したのである。
Countries that had been at war with each other for years, like, for instance, Ethiopia and Eritrea. 例えば、エチオピアとエリトリアのように、何年も戦争をしていた国。
Now all of a sudden shook hands, smiled in front of the camera, and decided to forget about their Wars on drugs, weapons and people trafficking just to focus on the importance of a better world? on sustainability?
Are you kidding me? What on Earth were we looking at here?
How much will the implementation of Agenda 2030 cost anyway? While according to the UN and confirmed by the World Bank in a 2015 statements between 3 and 5,000,000,000,000 dollars per year, that is 12 zeros, 5,000,000,000,000 dollars per year.
持続可能性に則って、今、突然、握手をし、カメラの前で笑顔を見せ、麻薬や武器、人身売買との戦いを忘れ、より良い世界の重要性に焦点を当てようと決めた?
からかっているのか? いったい何を見ているのだろう?
アジェンダ2030の実施には、一体どれくらい費用がかかるのだろうか。国連によると、世界銀行が2015年に発表した声明では、年間3~5,000,000,000,000ドルとなっている。これはゼロを12個並べた5,000,000,000,000ドルである。
Where the hell is the UN going to get their money from? All those zeros are going to be collected from the taxpayers, from you and me. 国連は一体どこから資金を調達するのか? 居並ぶゼロはすべて、納税者であるあなたや私から徴収することになる。
That's what the solution of the UN is all about. それが国連の解決策だ。
The moment a baby is born, that baby has a carbon footprint. 赤ちゃんが生まれた瞬間に、その赤ちゃんは二酸化炭素排出量を割り当てられる。
And from the moment he or she was born, that baby will have to pay. そして、生まれた瞬間から、その赤ちゃんはお金を払わなければならない。
Isn't it brilliant? The shame and blame that is put on you and me, my goodness me. 見事ではないか? あなたや私に負わされる恥や非難の数々。
Agenda 21, 2030, the Club of Rome, UN, they all claim that we, the people, are to blame for the misery in the world, from poverty to inequality, from famine to the exhaustion of the planet's resources. アジェンダ21・2030・ローマクラブ・国連、これらはすべて、貧困から不平等、飢餓から地球の資源の枯渇まで、世界の不幸は私たち国民のせいだと主張している。
Fine. Let's talk about the planet's resources. Shall we? Ever heard of Henry Kissinger? You will. よろしい。ではこの惑星の資源について話そう。ヘンリー・キッシンジャーをご存知ですね?
Let's continue to Part 6. それでは、第6回に続きます。


関連記事